シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

92歳おばあちゃんの強烈な下ネタを泣く泣くカット!【第21回東京国際映画祭】

92歳おばあちゃんの強烈な下ネタを泣く泣くカット!
一生現役バンザイ!

 22日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで第21回東京国際映画祭「シネマ・ヴァイブレーション部門」に出品されている映画『ヤング@ハート』の公式上映が行われ、スティーヴン・ウォーカー監督が上映後のティーチインに応じた。

 同作は、平均年齢80歳のおじいちゃん、おばあちゃんが結成したロックコーラス隊の活動を追いかけたドキュメンタリー映画。それぞれに問題を抱えながら、持てるパワーのすべてをコーラスにささげる彼らの姿には、誰もが熱いものを感じ取るはずだ。もちろんウォーカー監督もその一人で「死の瞬間まで、生きること。それこそ人間の真の姿なんじゃないかな。僕は彼らにそれを教わったよ」と今回の映画制作を振り返った。

 コーラス隊のメンバーは個性派ぞろい。特に90歳を越えてなお女性として自分を磨き、恋することも忘れなかったアイリーンの存在感は圧巻。「でも彼女は、ものすごく過激な下ネタを連発するんだ。映画会社からは『カットしないと、鑑賞できる年齢の制限が上がってしまう』って言われて、泣く泣くカットしたほどさ」とウォーカー監督。

 残念ながら、映画には出演しているものの、その後亡くなってしまったメンバーもいるが「皆、若さを保とうなんて思っていない。自分の年齢を祝福しているんだよ。歌うのはロックの名曲だけど、若者のマネじゃないしね」と映画制作に協力してくれたコーラス隊のメンバーに改めて感謝と尊敬の念を語るウォーカー監督だった。

 『ヤング@ハート』はアメリカのノーサンプトンという小さな町で結成された、平均年齢80歳のロックコーラス隊の活動を克明に追いかけたドキュメンタリー。アメリカでは、映画の公開後、入団希望者が急増したり、高齢者のコーラス隊が次々結成されたりと、社会現象を巻き起こしている。

映画『ヤング@ハート』は11月8日よりシネカノン有楽町2丁目、渋谷シネ・アミュー ズほかにて全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『ヤング@ハート』 (2007/イギリス) from ★Go!Go! Cinema★私の映画日記 (2010年2月9日 23時33分)
    ●監督:スティーヴン・ウォーカー ●出演:お茶目な花形スター アイリーン・ホール(92歳)、6度のガン治療に耐えた超人ジョー・べノア(83歳)... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 10月
  4. 23日
  5. 92歳おばあちゃんの強烈な下ネタを泣く泣くカット!