シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

外国語映画賞、過去最多67か国からの応募!【第81回アカデミー賞】

外国語映画賞、過去最多67か国からの応募!
日本代表『おくりびと』 - (C) 2008 映画「おくりびと」製作委員会

 ビバリーヒルズに本部を構えるアカデミー賞の本部、映画学術科学アカデミーが発表したところによると、来年2月に予定されている第81回アカデミー賞に向けて、今年は世界各国67か国から外国語映画部門へ応募があったという。特に今年はヨルダンから初めての応募があり、応募参加国の数もアカデミー歴代最高の数。

 最優秀外国語映画部門のアカデミー賞候補は、来年1月22日(木)午前5:30よりビバリーヒルズにあるアカデミーのサミュエル・ゴールドウィン劇場にて、他部門の候補と共に発表される。(毎年5作品程度)なお、応募作品の一部は以下のとおり(抜粋)。

中国参加作品『Dream Weavers』
監督 Jun Gu

フランス参加作品『The Class』
監督 Laurent Cantet

ドイツ参加作品『The Baader Meinhof Complex』
監督 Uli Edel

香港参加作品『Painted Skin』
監督 Gordon Chan

イタリア参加作品『Gomorra』
監督 Matteo Garrone

日本参加作品『おくりびと』(英題では『Departures』 )
監督 滝田洋二郎

韓国『Crossing』
監督 Tae-kyun Kim

メキシコ参加作品『Tear This Heart Out』
監督 Roberto Sneider

ノルウエイ参加作品『O’Horten』
監督 Bent Hamer

ポーランド参加作品『Tricks』
監督 Andrzej Jakimowski

ロシア参加作品『Mermaid』
監督 Anna Melikyan

イギリス参加作品『Hope Eternal』
監督 Karl Francis

ほか


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 10月
  4. 20日
  5. 外国語映画賞、過去最多67か国からの応募!