シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

黒澤明賞を受賞したニキータ・ミハルコフ監督とチェン・カイコー監督が喜びを語る!【第21回東京国際映画祭】

黒澤明賞を受賞したニキータ・ミハルコフ監督とチェン・カイコー監督が喜びを語る!
ニキータ・ミハルコフ監督とチェン・カイコー監督

 25日、第21回東京国際映画祭開催中の渋谷Bunkamuraにて、黒澤明賞の受賞者記者会見が行なわれ、本年度の受賞者であるニキータ・ミハルコフ監督とチェン・カイコー監督が喜びを語った。

 映画『時計じかけのピアノのための未完成の戯曲』やカンヌ国際映画祭審査員グランプリを受賞した映画『太陽に灼かれて』『シベリアの理髪師』など数々の名作を発表してきたニキータ監督は、日本に来ると必ず黒澤監督と会って、親しく交流していたそうだ。「黒澤さんと一緒に撮った写真もたくさんあるのですが、わたしたちはウィスキーを飲みながら映画談義を交わして、まるでロシア人同士の間柄のように親しくなりました」と共に過ごした時間を懐かしむように思い出を語った。黒澤明賞を受賞したことについては「夢を見ているようです。黒澤さんが気に入るだろう作品を作った監督に与えられる賞であることが、わたしにとってこの受賞を特別なものにしています」と感激した面持ちで語った。

 一方、映画『さらば、わが愛/覇王別姫(はおうべっき)』『北京ヴァイオリン』『PROMISE プロミス』などのヒット作で日本でも人気の高いチェン・カイコー監督は、若い世代の監督に素晴らしい作品を作ってもらい、世界を引っ張っていってほしいと常々語っていた黒澤監督の思いを受けての受賞で「黒澤監督の作品は、日本のある時代を表現しているだけでなく、人間性の深いところを掘り下げ、人間の善と悪の両面、そしてその複層をわたしたちに見せてくれました」と黒澤映画の素晴らしさをたたえた。最後にチェン・カイコー監督は「本当に変わりやすく、不安定なこの世界で、自分の世界観を表現していくということ。この賞を与えられたことは、黒澤さんのそうした精神世界を与えられたものだと思います」と受賞の喜びを語った。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 10月
  4. 25日
  5. 黒澤明賞を受賞したニキータ・ミハルコフ監督とチェン・カイコー監督が喜びを語る!