シネマトゥデイ

北京ヴァイオリン (2002)

4月26日公開 117分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
北京ヴァイオリン

見どころ

『キリング・ミー・ソフトリー』でハリウッド進出を果たしたチェン・カイコー監督が舞台を中国に戻し、大都市で懸命に生きる父子を温かく見つめた感動作。夢に向かってひたむきにがんばる少年と無償の愛を注ぐ父親の姿を通し、現代社会で忘れられがちな心の絆を描く。主演は、実際にヴァイオリニストを目指し音楽学校に通う新星タン・ユン。編物好きな父親役に『秋菊の物語』のリウ・ペイチー。父への想いを込めて、息子が北京駅で演奏するラストシーンが胸に迫る。

あらすじ

13歳のチュン(タン・ユン)は、母親の形見であるヴァイオリンを弾くのが得意。息子の才能を信じる父親リウ(リウ・ペイチー)は必死で金を貯め、2人はコンクール出場のため北京へ旅立つ。そこで音楽家の個人指導を受けることになり、父子は北京で暮らし始める。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
TOGETHER
製作国
中国
配給
  • シネカノン
カラー/ドルビーSRD
(Bunkamura ル・シネマ)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]