シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

イケメン石田卓也、マッシュルームカットでザ・タイツメン?

イケメン石田卓也、マッシュルームカットでザ・タイツメン?
恥ずかしかった白タイツ姿でのCDデビューが決まり、本人はがく然!

 映画『グミ・チョコレート・パイン』では10キロ以上もの増量に挑戦し、その演技力にも定評のある石田卓也が、自身の最新主演作映画『GSワンダーランド』について語ってくれた。『GSワンダーランド』は、グループサウンズ全盛期の1960年代を舞台にした青春映画。グループサウンズのスターを夢見る若者の成功を描いている。本作で石田はタイツ姿の王子様GSグループ“ザ・タイツメン”のボーカルとして見事な歌声も披露した。

 「普段は、カラオケ行ってもRIZEとか今の曲しか歌わないんで、グループサウンズの曲を歌うのは大変でした。しかもギター演奏も本格的に挑戦したのは初めてだったので。ギター演奏しながら、歌って、さらには振り付けもあって……かなりいっぱいいっぱいでした!」という石田だが、彼を困らせたのは歌よりも、ギター練習よりも、衣装だったようだ。

 「衣装合わせのときに、すでにこれはないよ~って感じでした(笑)。何といってもあのマッシュルームカット! まじで変だし! ほんとに恥ずかしかったですね。タイツだって……」とため息交じりに話していた石田だったが、何とこのザ・タイツメン、公開と同時にCDデビューも決まっているのだ。しかし、CDデビューすることを石田自身は知らなかったようで……。「はい!?  何それ! 全然聞いてないんですけどっ!」と動揺しまくりで、劇場用チラシの裏面にある「ザ・タイツメンデビュー」の告知に「まじでびっくりした。ほんとに恥ずかしいっす」と白タイツ姿でCDデビューを飾る事実にがく然としていた。

 現在21歳の石田にとって、撮影中に白タイツ姿でいることだけでも抵抗があったようで、「ロケ中、この姿で公園とかにいてマジで浮いていましたよ」と意外な苦労話を聞かせてくれた。

 映画『グミ・チョコレート・パイン』では、好きな女の子を思ってオナニーをする主人公を体当たりのコミカル演技で挑戦し、今回はグループサウンズに熱中する若者を熱演。青春時代を演じる機会の多い石田だが、自身の青春について聞かれると「ファーストキスは、中学のとき。相手は、年上の女性でした」と爆弾発言が飛び出した。これまでさまざまな時代の青春群像を演じてきた彼だが、現代に生きる石田の青春もどの時代にも負けないほど楽しそうだ。

映画『GSワンダーランド』は11月15日より渋谷シネマGAGA!ほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「GSワンダーランド」面白いとは思いますが…。 from シネマ親父の“日々是妄言” (2008年11月14日 14時55分)
    記事投稿日時 2008年11月5日23:03 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  今から40年ほど前の日本を、熱狂の渦に巻き込んだ“GS(グループ・サウンズ)ブーム”。そのブームの裏側を、面白おかしく描いた本作、「GSワンダーランド」(デスペラード)。吾輩が生まれた頃の頃の話ですから、よくわかんないんですけどね~(^^;。  1968年、世は空前のGSブーム。演歌専門のレコード会社“ファインレコーズ”でも、この波に乗らんと、社長の松田(岸部一徳)、専務の鎌田(大杉漣 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 11月
  4. 14日
  5. イケメン石田卓也、マッシュルームカットでザ・タイツメン?