シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ジェラール・ドパルデュー、亡き息子ギョームの死を初めて語る

ジェラール・ドパルデュー、亡き息子ギョームの死を初めて語る
ジェラール・ドパルデュー - George Pimentel / WireImage / Getty Images

 ジェラール・ドパルデューが、2008年10月に肺炎による合併症で亡くなった息子、ギョームの死について、ジュルナル・デュ・ディマンシュ紙の中で初めて語った。ジェラールの息子のギョームは、映画『天使の肌』『ポーラX』などに出演して人気を得る一方、私生活ではドラッグや酒、暴力事件などでやんちゃな面も見せ、1996年にはバイク事故で右足を切断するなどトラブルも多かった。ジェラールとの確執が報道されたが、ジェラールは改めて息子について、「彼はわたしと似て、せっかちだった。要求も高かった」とコメント。ジェラールは最近、クロード・ベリ監督の死の床に立ち会ったが、そのときのことを息子の死に顔と照らし合わせ、「(クロード監督の顔は)心配事の一切ないような安らかな顔だった。あれはギョームの顔だ。ギョームは決して変わらなかった。彼は彼自身の言葉通りの人間で、彼自身の詩のような人間だった。彼は本物の詩人だったし、詩人らしい死だったよ」と胸に秘めていた思いを語った。


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 1月
  4. 24日
  5. ジェラール・ドパルデュー、亡き息子ギョームの死を初めて語る