シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

戸田恵梨香、「痛かったけど、気持ち良かった」と告白?

戸田恵梨香、「痛かったけど、気持ち良かった」と告白?
恋愛映画のヒロインは意外にも初めての戸田恵梨香

 14日、新宿武蔵野館で映画『恋極星』の初日舞台あいさつが行われ、主演を務めた戸田恵梨香、加藤和樹、そしてAMIY MORI監督が登壇した。

 映画『DEATH NOTE デスノート』シリーズやテレビドラマ「流星の絆」などで人気を博す戸田が、意外にも恋愛映画では初の主演を果たした今作。戸田は人生に絶望しかけたある日、11年ぶりに幼なじみと再会し、お互いに惹かれあうヒロイン、菜月役を好演した。「菜月は意志を持った強い女の子。その部分をずっと考え続けて演じました。恋をして変化していく女性を表現するのは楽しかった」と役作りについてコメント。極寒の北海道で行われたロケ撮影に関しては「とても寒くて、刺さるように痛かったりもしましたが、空気がきれいで気持ち良かったです」と振り返ったほか、「本番中、ものすごい吹雪で目を開けていられないこともあった」と舞台裏を明かしていた。

 一方、ヒロインの幼なじみを演じた加藤は「自分から打ち明けられない、そして自分自身も受け入れられない葛藤をどう演じたらいいかと悩んだ」と愛する葉月に対して、自分の抱える秘密を言い出せない青年役の難しさを語っていた。

 『恋極星』は「別冊フレンド」(講談社刊)に連載されたコミック「君に光を」を映画化した作品。映画『私の頭の中の消しゴム』の原案者がプロデュースを手掛け、テレビドラマ「1リットルの涙」の脚本家が参加するなど、涙なしでは観られないラブストーリーに仕上がっている。

映画『恋極星』はシネ・リーブル池袋、新宿武蔵野館ほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 3月
  4. 16日
  5. 戸田恵梨香、「痛かったけど、気持ち良かった」と告白?