シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『ウォッチメン』はコミック実写化の最高峰?押井守やFROGMANら日本のクリエーターが絶賛の嵐!

『ウォッチメン』はコミック実写化の最高峰?押井守やFROGMANら日本のクリエーターが絶賛の嵐!
謎の男ロールシャッハ 映画『ウォッチメン』より - Copyright (C) 2008 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved. WATCHMEN and all related characters and elements are trademarks of and (C) DC Comics. Smiley Face Logo: TM Smileyworld, Ltd.

 いよいよ日本公開を来週末に控えた映画『ウォッチメン』に、日本のクリエーターたちが絶賛のコメントを寄せている。

 本作はグラフィックノベルが原作の映画『300 <スリーハンドレッド>』を大ヒットに導いたザック・スナイダー監督による、最新作。ヒーローが存在し、その活動が法で禁止された1980年代のアメリカを舞台に、彼らをターゲットにした殺人事件と、その真相に迫るべく集った元ヒーローたちの姿を描いていく。

 実際の歴史的事件にヒーローたちを絡める斬新な設定や、ヒーローとは思えないウォッチメンたちの人間くささ。彼らの求める正義と平和は、これまでのヒーロー映画とは一線を画すもの。押井守は「憂鬱なアメリカンヒーローたちの魂の逆襲」と評し、映画『ガメラ』シリーズで知られる金子修介監督は「壮絶な刺激的映像で脳みそをかき回され、深いテーマに人類の未来を思い、観るべし映画と宣言」とコメントしている。また作家の福井晴敏氏は「『マトリックス』3部作を経て、ハリウッドはついに『ウォッチメン』に到達した」としており、映像作家のFROGMANも「ヒーローものかと思いきや、実は骨太なサスペンス・スリラー。これだけは言えます。面白い!」と絶賛の嵐だ。

 アメリカでは3月6日に公開されるやいなや初登場第1位を飾っており、全世界のボックスオフィスでも1位にランクイン。またラスベガスで開催される“Showest 2009”で、ザック監督がDirector of the Yearに選ばれるなどいいことだらけのスタートを切った。日本でも爆発的ヒットとなるか? 公開が楽しみだ。

映画『ウォッチメン』は3月28日より丸の内ルーブルほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「ウォッチメン」試写会に急遽参加してきました。 from moromoro_tomoart (2009年3月20日 8時3分)
    ホントに急遽で、仕事を無理矢理(終わってないのに・・・・)終わらせて、参加してきました!例の「NEW FRONTIERSMAN」サイトで「ブログ応援隊」に登録した人のところに来たみたいです。 近々にレビューしたいと思いますが、一言。 『これはヒーロー映画でもSF映画でもアクション映画でもない!純粋なサスペンスドラマだ!』 ・・・ってこと。アメコミヒーロー映画だなんて思って見逃したらエラい目にあいますぜ。確かに一般的ではない。特に本国で言われているように原作を知らない人が観た時にストーリーが追い辛いという話は ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 3月
  4. 19日
  5. 『ウォッチメン』はコミック実写化の最高峰?押井守やFROGMANら日本のクリエーターが絶賛の嵐!