シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ジュリア・ロバーツの新作を抑えて、ニコラス・ケイジ主演映画がトップに!-3月24日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

ジュリア・ロバーツの新作を抑えて、ニコラス・ケイジ主演映画がトップに!-3月24日版
「どうしてなのかしら……」「どうしてだろうね……」(『デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~』より) - (C) 2008 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

 今週のランキング争いは、強豪がそろっていたものの、ボックスオフィスにてナンバーワンとなるのは、ジュリア・ロバーツとクライヴ・オーウェンの共演映画『デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~』であるだろうというのが業界内の大方の予想であった。そんな専門家たちの予想を大きく裏切って、3月20日から22日の週末全米ナンバーワンに輝いたのは、何とニコラス・ケイジ主演のサスペンス・パニック映画『ノーウィング』(原題)だった!

 2,460万ドル(約24億6,000万円)の収入を上げたこの映画は、奇妙な数字が羅列されたメモの謎を究明しようと奔走する主人公(ニコラス)の周囲で次々と世紀末への予兆が始まり、メモに書かれた数字との恐ろしい関係が明らかになっていく……というオカルトとパニック映画の要素が混じった娯楽大作である。(1ドル100円計算)

 本命視されていた『デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~』は、ラブコメという女性にアピールするジャンルであり、客層に多少の偏りがあったのかもしれない。ちなみに『ノーウィング』(原題)は、63パーセントの観客は25歳以上で、男女の割合は半々という配給会社の行った観客のリサーチ結果が出ており、まんべんない客層にアピールしたという、『ノーウイング』(原題)の勝因が明らかとなった。

 続いて第2位だが、ここでも番狂わせが起きた。今度こそ『デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~』の出番かと思いきや、何と今週の第2位は1,780万ドル(約17億8,000万円)の売り上げで、R指定のコメディー映画『アイ・ラブ・ユー、マン』(原題)だったのだ。主演はポール・ラッドとジェイソン・シーゲルというコメディー界では人気者の二人だが、一般的に見ると非常に地味なキャスティングの作品である。

 『アイ・ラブ・ユー、マン』(原題)の観客は、以前大ヒットした作品でキワドイコメディー映画『寝取られ男のラブ♂バカンス』『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』を観たファンが多かったものと思われるが、『アイ・ラブ・ユー、マン』(原題)が、女王ジュリアのラブコメを尻目にして、第2位を獲得するとはかなり意外な結果だった。

 第3位に甘んじてしまったその『デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~』の売り上げは1,400万ドル(約14億円)。ライバルの『ノーウィング』(原題)が4,300スクリーンで封切られたという事実に比べると、2,900スクリーンで封切られた『デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~』は、第1位になれなくて当然と思われるかもしれないが、第2位ではなく第3位に甘んじるとは、関係者も悔し涙を流しているに違いない。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 禁断の真実を知った男を演じるニコラス・ケイジ from えんたほ (2009年3月26日 21時33分)
    ◆破滅の日がいつくるのか・・・シリタイ・・。 人類絶滅の危機をテーマ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 3月
  4. 25日
  5. ジュリア・ロバーツの新作を抑えて、ニコラス・ケイジ主演映画がトップに!-3月24日版