シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

吹き荒れる3D旋風!『モンスターVSエイリアン』堂々の1位!-3月30日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

吹き荒れる3D旋風!『モンスターVSエイリアン』堂々の1位!-3月30日版
日本公開は、7月11日です!(『モンスターVSエイリアン』より) - (C) 2009 DreamWorks Animation L.L.C

 今年に入ってから目立ってきた3D映画だが、いよいよその人気がアメリカ全土に定着し始めたようだ。週末に封切りされたドリームワークス・アニメーション作品映画『モンスターVSエイリアン』が、5,930万ドル(約59億3,000万円)という巨額をたたき出し、全米週末ナンバーワン映画となった。(1ドル100円計算)

 ここで注目なのは、『モンスターVSエイリアン』のウィークエンド興行収入のうち、58パーセントが3Dシアターからの収入ということである。

 3D映画に100パーセント乗り気の製作陣に対して、それを公開する側にあたる劇場オーナーたちは、まだ黒字実績が少ない3D映画に対して非常に用心深い。それは、3D映画を上映するにあたって、各シアターは、オーナーが大金をかけて3D仕様にしなければならないからである。劇場経営側にしてみれば、「お金をかけて、そんな新フォーマットの映画を上映して果たしてもとを取れるのか……」ということになり、アップグレードに足踏み状態という現状なのだ。

 ドリームワークス・アニメーションの経営者であるジェフリー・カッツェンバーグ氏は当初、「『モンスターVSエイリアン』が全米公開になるころには、2,500の劇場で同作品の3Dバージョンを観られるようになっているはずだ」と言っていたのだが、ふたを開けてみると、公開時の3D上映館は1,550件にとどまってしまった。

 だが、『モンスターVSエイリアン』の3D上映分が稼ぎ出した興行収入の割合を見ると、映画鑑賞において平面(2D)と立体(3D)のチョイスをする際、お客は得てして3Dに流れるということが立証された。この現象は、すでに公開されている映画『コラライン』(原題)、映画『ジョナス・ブラザーズ/ザ・コンサート 3-D』の3D版にも当てはまっていることで、3D版『モンスターVSエイリアン』の成績は、劇場オーナーがアップグレードするための格好の誘因となることは確かであり、関係者たちにとっても3Dの未来を裏付ける貴重なデータとなったに違いない(そして『これから製作するすべての映画を3Dで作る』と豪語しているカッツェンバーグ氏をはじめ、この先ズラリと控えた3D映画の製作関係者たちは笑いが止まらないはず……)。

 さて次は2位。こちらも初登場作品で2,300万ドル(約23億円)の興行成績を上げた、映画『ザ・ハンティング・イン・コネチカット』(原題)。こちらの観客内訳を見てみると、恐怖映画には珍しく44パーセントが17歳以下の子どもたちという結果が出ている。普段なら“17歳未満は保護者同伴”のR指定が多いホラー映画なのに、『ザ・ハンティング・イン・コネチカット』(原題)はPG13指定(13歳以下の入場は、両親に良識を持って判断させるという規制)の公開にしたということで、スタジオ側の配慮と努力が功を奏したようである。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 4月
  4. 1日
  5. 吹き荒れる3D旋風!『モンスターVSエイリアン』堂々の1位!-3月30日版