シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

TKO木本、目指すは銀幕のスター!?「強烈に願えば何でも叶う!」

TKO木本、目指すは銀幕のスター!?「強烈に願えば何でも叶う!」
TKOの木本武宏と木下隆行、新井浩文、松田龍平

 10日、TOKYO FM HALLにて映画『蟹工船』完成披露記者会見が行われ、主演の松田龍平、西島秀俊、高良健吾、新井浩文、柄本時生、お笑いコンビTKOの木本武宏と木下隆行、そしてSABU監督が登壇した。

 個性豊かな俳優陣がズラリとそろった本作。今日もそれぞれが思い思いの服装で登場し、SABU監督も開口一番「みんなバラバラですね(笑)」と苦笑い。久しぶりの共演となった松田と新井は、途中何度も目を合わせ笑うなどとても仲良し。「友人に『久々に龍平とやるんだって? お前カニの着ぐるみ着て倒されるんだろ?』と言われたので『うん』と言っておきました」としれっと語る新井に場内は爆笑。女性出演者が皆無の撮影現場はまるで男子校のようで、閉鎖的な蟹工船の中というシチュエーションも手伝ってか、今ではみんなでオセロやるくらい仲良くなったという。しかし全員を縛りつける鬼監督を演じた西島は輪に入れず、その様子を木本に「寂しそうにしてましたね(笑)」と暴露さた西島は、「役作りというか、やはり何となく入りづらかったです。僕もオセロしたかったですね……」と切なげな笑みを浮かべた。

 映画初出演となったTKOは、映画が大好きとのことで「本当にうれしかった」と口をそろえた。木本に「代表して言いますが、木下は完全に映画界に野望を持ってます!」と言われた木下は「ま、銀幕のスターをね……」とやる気満々の表情。しかし本作の伝える「望むから実現するんだ!」というメッセージを体現したかのような二人が語る「強烈に願えばかなうんです! 映画も出れるんです!」とのコメントにはとても説得力があり、SABU監督をはじめとした出演者たちも笑みを浮かべていた。

 『蟹工船』は、劣悪な環境の中、安い賃金で過酷な労働を強いられている出稼ぎ労働者たちの立ち上がる様を描く。人間扱いされない日々に未来を見いだせず、一時は集団自殺まで試みた彼らの立ち上がる姿に胸が熱くなる、希望に満ちた作品だ。

映画『蟹工船』は夏、シネマライズ、テアトル新宿ほかにて全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 4月
  4. 13日
  5. TKO木本、目指すは銀幕のスター!?「強烈に願えば何でも叶う!」