シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

スカーレット・ヨハンソン、監督した全編がカットされて監督デビューならず

スカーレット・ヨハンソン、監督した全編がカットされて監督デビューならず
ふん、別に気にしてないわ! - Venturelli / WireImage / Getty Images

 複数の監督による映画『ニューヨーク、アイ・ラブ・ユー』(原題)で監督の一人としてデビューするはずだったスカーレット・ヨハンソンが全編カットという屈辱を味わった。

スカーレットのほかに監督をしたのはナタリー・ポートマンやブレット・ラトナーなど。彼らの映像は無事に本編に含まれることになったが、スカーレットの映像については「見るに絶えない」「ひどすぎてカットされた」という関係者談をニューヨークポスト紙は報じている。しかし、映画のプロデューサー、エマニュエル・ベンビヒーの意見は違うようだ。彼は、「スカーレットの映像は具体的な対人関係を含んだものではなく、白黒で撮影するために概念化され、ほかの監督の映像とかけ離れていた」とコメントし、作為的な違いがカットした理由だと述べている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 5月
  4. 7日
  5. スカーレット・ヨハンソン、監督した全編がカットされて監督デビューならず