シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

「春が2階から落ちてきた……」で始まる衝撃作『重力ピエロ』のプロローグ映像公開

「春が2階から落ちてきた……」で始まる衝撃作『重力ピエロ』のプロローグ映像公開
映画『重力ピエロ』 - (C) 2009「重力ピエロ」製作委員会

 作家・伊坂幸太郎氏のベストセラー小説である、傑作ミステリーの映画化作品『重力ピエロ』の映画の冒頭4分がネットで公開されている。

 「春が落ちてきた……」で始まる映画の冒頭部分は、衝撃的な物語のプロローグだ。落ちてきた弟、春を演じるのは岡田将生。そしてその春を目撃する兄、泉水を加瀬亮が演じる。原作は100万部を突破した伊坂氏のミステリーで、伊坂作品の中でも特に人気の高い作品だ。文章の至るところに散りばめられたキーワードが印象的で、謎を解き明かしていくと同時に哲学的な意味を含んだりする登場人物の言葉は、単なるミステリーで終わらない小説として、その完成度の高さも人気の秘密だ。

 人気の原作の映画化となれば、当然ファンの期待する映画のクオリティーのハードルも高くなるが、本作は見事それをクリアしており、試写を観た人たちからの評判がいいことが特徴的だ。

 本作の撮影地である、仙台・宮城での先行試写を実施したところ、ほとんどの観客から高評価を得た。30代女性からは「涙が止まらず、呼吸困難になりました」との言葉が寄せられたほか、40代男性からは、「熱いものがあった。間違いなく人に薦められる本当にいい映画だった」などほとんどの観客が映画『重力ピエロ』に好意的だ。特に注目すべき点は20代から50代と幅広い年齢層から支持を得ているところだ。家族そのものがテーマの映画だけに父、母、兄、弟とそれぞれの心情を丁寧に描いていることがこの結果につながったといえる。

 本作の監督は、映画『Laundry ランドリー』で高い評価を得た、森淳一。母親役の鈴木京香や父親役の小日向文世の味のある演技にも注目だ。

映画『重力ピエロ』は5月23日よりシネカノン有楽町1丁目、新宿バルト9ほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 5月
  4. 18日
  5. 「春が2階から落ちてきた……」で始まる衝撃作『重力ピエロ』のプロローグ映像公開