シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

兵役後初主演のウォンビンを直撃!空白の4年を経て今は空っぽ【第62回カンヌ国際映画祭】

兵役後初主演のウォンビンを直撃!空白の4年を経て今は空っぽ
キム・ヘジャとウォンビン

 映画『母なる証明』(今秋日本公開)で第62回カンヌ国際映画祭に参加中の韓国俳優ウォンビンが現地時間18日、主演で母親役のキム・ヘジャとともにインタビューに応じた。その中で、役者復帰した今の心境を語った。

 同作品は、ウォンビンにとって兵役復帰作であり、キム・ヘジャにとっても10年ぶりの映画出演作。その記念すべき作品がカンヌの公式上映で拍手喝采を浴びたことについて、キム・ヘジャが「心から拍手してくれているのが伝わって来たので感動しましたし、正直、ホッとしました」と言えば、ウォンビンも「僕もです。その瞬間、観客とつながったような感じがしました。ただ、ラストシーンで母親が息子を見る表情が哀愁に満ちていて、そのとき演じた感情がよみがえってきてしまったんです。そのスクリーンの母と隣にいるキムさんの顔が重なって、胸が苦しくなって(泣いて)しまいました」という。

 ウォンビンが新たに挑んだ役柄も話題になっている。演じるのは、田舎町に住むやや知的障害のある青年トジュン。その町で女子高生殺人事件が起こり、トジュンが容疑者として逮捕されてしまうのだ。町の人も、弁護士すらも力になってくれない中で、母親が無実を晴らすべく真犯人を追う。”ハンサムボーイ”のイメージとはほど遠い、ドジでマザコンで、ちょっと頼りなげなウォンビンが、スクリーンにいる。ウォンビンは「監督で最も将来性のある若き才能のポン・ジュノ監督からオファーを受けたのだから、断る理由はありません。さらに僕をやる気にさせてくれたのが、この今までとまったく違うキャラクターだったんですから」と出演に迷いはなかったことを力説した。

 物語は息子を守ろうとする母子のきずなが核となって展開していくだけに、撮影中は二人とも「トジュン」「母さん」と役名で呼び合い、交流を深めていたという。インタビュー中もキムは、ウォンビンのグラスに氷を入れたりと、劇中同様に世話をやく一幕もあった。キム・ヘジャが「親子の関係は今も続いているような感じなんです」とウォンビンを優しく見つめながら語れば、ウォンビンも「キムさんから無条件の愛を注がれているような気がするんです。キムさんの瞳から愛を感じます(照)。だからこそ、(劇中も)自然な形で息子のように振る舞えたのだと思います」と語り、“母”に笑みを返した。

 また、4年間の休業ついて、ウォンビンは「自分にとってこの4年間、映画を離れていたのは良い経験だったと思います。その間に、自分の中にあったものを一度リセットできたんですから。今の僕は空っぽで、何でも受け入れてやるぞ! という気持ちでいっぱい。準備は万端です。本当に4年間は僕にとって重要な時間だったと思うし、これからももっと違ったタイプの役に挑戦していきたいと思ってます」と力強く語った。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 5月
  4. 19日
  5. 兵役後初主演のウォンビンを直撃!空白の4年を経て今は空っぽ