シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『ターミネーター4』ジョン・コナーが日本に上陸!なぜか清原が「アイル・ビー・バック!」

『ターミネーター4』ジョン・コナーが日本に上陸!なぜか清原が「アイル・ビー・バック!」
人類の救世主ジョン・コナー役のクリスチャン・ベイルと清原和博

 4日、ららぽーと豊洲にて映画『ターミネーター4』のジャパンプレミアが行われ、ジョン・コナー役のクリスチャン・ベイルをはじめ、ブライス・ダラス・ハワード、ムーン・ブラッドグッド、アントン・イェルチン、マックG監督、そしてスペシャルゲストの元巨人軍・清原和博が登場した。

 港沿いに敷かれたレッドカーペットに入場したファンたちは、配られたターミネーターのマスクをかぶり来日キャストを出迎えた。約2,000名ものターミネーターが並ぶその圧巻な光景に、マックG監督も感動極まりない様子で「本当にありがとう! こうなったら海を泳いでやる!」と謎のボケをかますなど大興奮。映画イベントのレッドカーペットは初体験という清原も、クリスチャンと対面し「すごく興奮しています。すごくカッコイイです!」と笑顔を見せ、クリスチャンも「映画とスポーツの世界には共通点を感じる。見ながらエキサイトできるんだ!」と答えるなど心が通じ合ったもよう。この盛り上がりにすっかりゴキゲンな清原が「アイル・ビー・バック!」と叫ぶと、集まった観客から大歓声が巻き起こった。

 マックG監督は「日本の文化・精神には本当に感銘を受けているんだ。製作前にも日本に来て、この映画の中に日本のスピリットを入れたんだよ。アリガトウ!」とファンにはたまらない秘話とともに日本語を披露。続けてクリスチャンも「キョウハキテクレテアリガトウ!」ブライスは「ワタシノナマエハブライスデス!」アントンも「アリガトウゴザイマス!」と次々に日本語を使いこなしてスピーチし、集まったファンを沸かせていた。

 『ターミネーター4』は“審判の日”から10年後の2018年から始まる。人類軍の指導者となり、機械軍と戦うことを幼いころから運命づけられてきたジョン・コナー(クリスチャン)が、人類滅亡をもくろむスカイネットの猛攻に人類軍のリーダーとして立ち上がり、壮絶な戦いを繰り広げる。

映画『ターミネーター4』は6月13日から丸ノ内ピカデリーほかにて全国公開(6月5、6、7日先行上映)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ジョン・コナー通学のレッド・バレー高校と空港 from ターミネーター サラ コナー クロニクルズは日本人が救おう! (2010年12月18日 2時11分)
    ロケ地メモ17。「ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ(TSCC)」シーズン1第1話のキャメロンとジョンが初めて出会った場所... 第1話 冒頭のサラの夢の中の核爆弾の高校に次いで、ジョン・コナーが通っていた高校。↓Red Valley Unified School Districtこと、 Red Valley High School(レッド・バレー高校)この建物もアメリカに実在する..が、実はここ、現実世界では高校ではなく小学校と中学校。その校舎のエントランス付近を主に撮影で使用している ...[外部サイトの続きを読む]
  • 清原和博の妻 清原亜希が「STORY」モデルに(画像) from 芸能マキシマム (2009年6月10日 20時5分)
    プロ野球オリックス・バファローズの清原和博選手の妻でモデルとしても活動する清原亜希が 女性向けファッション誌『STORY』の4月号で表紙... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ターミネーター4』幻のシーンがついに解禁!シュワちゃんが動く!ついに映像で降臨! from 映画レビュー等のmktの日記 (2009年6月9日 10時47分)
    Amazon.co.jp ウィジェット 「ターミネーター4」は話題つくりに大変です。 アメリカでももちろんそこそこヒットはしたと思うのですが、 メガヒットというわけにはいかなかんったようです。 監督も正直マックGではビジュアル的に期待ができませんし、 クリスチャン・ベイ.. ...[外部サイトの続きを読む]
  • ターミネーター4 観てきました:T4-Salvation from ターミネーター サラ コナー クロニクルズは日本人が救おう! (2009年6月6日 12時57分)
    「ターミネーター4」がいよいよ日本でも本日から公開、ということで早速、先行オールナイトで観にいってきました。▲T-4映画鑑賞券。金券ショップで1300円也。深夜なので比較的すいていて、劇場真ん中の特等席へ。こういった迫力系の映画は映画館で見るに限ります。特に真ん中あたりの席は、音...というか、地響きがすごくて、一つひとつのサウンド、一つひとつの銃弾が腹にきます。「ターミネーター・サラ・コナー・クロニクルズ(Sarah Connor Chronicles)」のジョン・コナー(トーマス・デッカー;Thomas ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 6月
  4. 5日
  5. 『ターミネーター4』ジョン・コナーが日本に上陸!なぜか清原が「アイル・ビー・バック!」