シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『ターミネーター4』の続編は日本が舞台?日本大好きなマックG監督の妄想が大暴走!!

『ターミネーター4』の続編は日本が舞台?日本大好きなマックG監督の妄想が大暴走!!
マックG監督が女性客をいきなりおんぶ!?

 6日、新宿ピカデリーにて、映画『ターミネーター4』先行上映が行われ、上映後の舞台あいさつに出演者のブライス・ダラス・ハワード、ムーン・ブラッドグッド、アントン・イェルチン、そしてマックG監督が登壇した。

 この日、主演のクリスチャン・ベイルはスケジュールの都合で欠席したが、その穴を埋めるかのように会場を盛り上げたのがマックG監督。登場するなり、壇上には上がらずなぜか客席へ向かって走り出し、「ニッポン、ダイスキー!」と絶叫した。さらに「続編があるとしたら、本当に日本で撮りたい。渋谷や新宿、秋葉原あたりがいいかな。秋葉原大好きだよ! 日本のカルチャーからは、多大な影響を受けているんだ!」と親日家ぶりをアピール。司会者から、具体的に日本のどんな作品から影響を受けたのか聞かれると、「黒澤明監督の『七人の侍』と、「セーラームーン」!」と何とも不思議な組み合わせの作品名を挙げて、会場は驚きと笑いに包まれた。

 ほかの若手俳優たちも、観客を壇上に上げたりおんぶしたりする監督の暴走ぶりを笑いながら眺め、時には一緒に客席に入ってじかに触れ合うなど、大サービスを繰り広げた。主人公ジョン・コナーの父親となるカイルを演じたアントンは「僕たち、プロモーションで世界中を回ったけれど、ここ日本ほど歓迎された国はないよ。本当に皆さん、ありがとう!」と日本のファンからの熱い反応にすっかり感激した様子だった。

 『ターミネーター4』は、人類と機械との死闘を描き、1984年の第1作公開以来世界的人気を博しているSFアクションシリーズの最新作。機械軍が起こした核戦争から10年経過した2018年を舞台に、生き残った人間たちによる抵抗軍の指導者となったジョン・コナーの壮絶な戦いを描く。

映画『ターミネーター4』は6月13日より丸の内ピカデリーほかにて全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『ターミネーター4』幻のシーンがついに解禁!シュワちゃんが動く!ついに映像で降臨! from 映画レビュー等のmktの日記 (2009年6月9日 10時47分)
    Amazon.co.jp ウィジェット 「ターミネーター4」は話題つくりに大変です。 アメリカでももちろんそこそこヒットはしたと思うのですが、 メガヒットというわけにはいかなかんったようです。 監督も正直マックGではビジュアル的に期待ができませんし、 クリスチャン・ベイ.. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 6月
  4. 8日
  5. 『ターミネーター4』の続編は日本が舞台?日本大好きなマックG監督の妄想が大暴走!!