シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

妻夫木聡とハ・ジョンウが、男が泣く瞬間について赤裸々告白!

妻夫木聡とハ・ジョンウが、男が泣く瞬間について赤裸々告白!
男泣きした妻夫木聡とぐっと我慢したハ・ジョンウ

 男たちの熱い友情を描く日韓合作映画『ノーボーイズ、ノークライ』で共演を果たした妻夫木聡とハ・ジョンウが、“泣かない男なんていない”という意味のタイトルにちなみ、男泣きする瞬間について語ってくれた。

 妻夫木は男泣きする瞬間を、「(何かが)終わりを迎えたときにそういう気持ちになる」とした上で、本作の撮影を例に挙げ、「撮影が終わりに近づいていたころは、僕は泣く演技をしていたので、その中で泣いてしまっていたというのはありますね(笑)。とても寂しかったので、このまま終わりたくないという気持ちがどこかにありました」と撮影中に訪れた男泣きの瞬間のことを教えてくれた。これを聞いたハ・ジョンウは、「人生の中で男泣きをした瞬間……特別に記憶はないけど、サトシが言ったように、僕もそのシーンの現場にいて胸がつまった。キャラクター上、そこで泣くわけにはいかなかったので(笑)、そこはグッと我慢しました」と妻夫木の気持ちに共鳴していたことを明かしてくれた。

 本作は妻夫木、ハ・ジョンウにとって、かけがえのない出会いを与えてくれた記念作になったということは、これまでの数々の取材で本人たちが口にしていたこと。日本での公開を前に、プロモーションで再会を果たした妻夫木、ハ・ジョンウだが、その時間もまた過ぎ去ってしまう。取材中、終始、感慨深げな表情を浮かべていた妻夫木は、「いろいろな出会いがあったけども、終わるってことは一緒にいられなくなることだから、それが一生の別れではないにしても、絶対的な幸福感はずっと続かないと思うんですよ。今回でいうと、ハ・ジョンウと出会い、現場で毎日楽しく撮影しながら、その度に新しい自分を見つけたり、新しいハ・ジョンウを発見したりしていました。僕は終わるということが、嫌なのかもしれないですね(笑)」と付け加えた。

 この日は湿度が高く、ハ・ジョンウが取材中に暑がっていることを察知した妻夫木は、ティッシュをお願いしたり、冷房を強くするサインを送ったり、ハ・ジョンウを気遣っている姿が印象的だった。友情をテーマにした映画のプロモーションの場合、キャスト同士の友情は本物! と、真偽はともかくアピールしまくる宣伝展開が少なくないが、妻夫木、ハ・ジョンウの間に芽生えた友情は、本人たちも言っているように、どうやら本物のようだ。国境を越えた男たちの熱い友情劇『ノーボーイズ、ノークライ』は、今年の夏を盛り上げてくれそうだ。

映画『ノーボーイズ、ノークライ』は8月22日よりシネマライズ、新宿武蔵野館、シネ・リーブル池袋ほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 8月
  4. 11日
  5. 妻夫木聡とハ・ジョンウが、男が泣く瞬間について赤裸々告白!