シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

第66回ヴェネチア国際映画祭コンペ部門の23作品発表!マイケル・ムーアやジョージ・A・ロメロ作品も!

第66回ヴェネチア国際映画祭コンペ部門の23作品発表!マイケル・ムーアやジョージ・A・ロメロ作品も!
『TETSUO THE BULLET MAN』がコンペ部門に出品される塚本晋也監督。日本人としては応援したい!

 9月2日から12日までイタリアで行われる第66回ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門の作品が発表された。日本からは塚本晋也監督の新しい『鉄男』ともいうべき映画『TETSUO THE BULLET MAN』が選出された。また、マイケル・ムーア監督が世界的な経済危機を描いたドキュメンタリー『キャプタリズム:ア・ラブ・ストーリー』(原題)やホラー映画の父、ジョージ・A・ロメロ監督の『サバイバル・オブ・ザ・デッド』(原題)も選出されるなど、多彩なラインナップとなった。最高賞である金獅子賞をこの23作品プラス1作品で争うことになる。コンペティション部門に選出された23作品は以下のとおり。

・ファティ・アキン 『ソウル・キッチン』(原題)、ドイツ
・ジュセッペ・カポトンディ『ラ・ドッピア・オラ』(原題)、イタリア
・チェアン・ポウ・ソイ『アクシデント』(英題)、香港
・パトリス・チェレオ『ペルセクシオン』(原題)、フランス
・フランチェスカ・コメンチーニ『ロ・スパジオ・ビアンコ』(原題)、イタリア
・クレール・ドニ『ホワイト・マテリアル』(原題)、フランス
・ジャコ・ヴァン・ドルマル『ミスター・ノボディ』(原題)、フランス
・トム・フォード『ア・シングル・マン』(原題)、アメリカ
・ジェシカ・ハウスナー『ロウルデス』(原題)、オーストリア
・ヴェルナー・ヘルツォーク『バッド・リュテナント:ポート・オブ・コール・ニュー・オリンズ』(原題)、アメリカ
・ジョン・ヒルコート『ザ・ロード』(原題)、アメリカ
・ヴィムクヒティ・ジャヤサンダラ『ビトウィン・ツー・ワーズ』(英題)、スリランカ
・アーメド・マハール『ザ・トラベラー』(英題)、エジプト
・サミュエル・マオス『レバノン』(原題)、イスラエル
・マイケル・ムーア『キャプタリズム:ア・ラブ・ストーリー』(原題)アメリカ
・シリン・ネシャト『ウーマン・ウィザウト・メン』(英題)、ドイツ
・ミケーレ・プラチド『イル・グランデ・ソグノ』(原題)、イタリア
・ジャック・リヴェット『36・ヴュ・デュ・ピック・サン・ルー』(原題)、フランス
・ジョージ・A・ロメロ『サバイバル・オブ・ザ・デッド』(原題)、アメリカ
・トッド・ソロンズ『ライフ・ダーリング・ウォータイム』(原題)、アメリカ
・ジュゼッペ・トルナトーレ『バアリア』(原題)、イタリア
・塚本晋也『TETSUO THE BULLET MAN』、日本
・ヨンファン『プライス・オブ・ティアーズ』(英題)、中国


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 7月
  4. 31日
  5. 第66回ヴェネチア国際映画祭コンペ部門の23作品発表!マイケル・ムーアやジョージ・A・ロメロ作品も!