シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

寺脇康文、“相棒”岸谷五朗の初監督映画を全否定!「僕の役者人生終わった」と大後悔!?

寺脇康文、“相棒”岸谷五朗の初監督映画を全否定!「僕の役者人生終わった」と大後悔!?
寺脇康文、上野樹里、初メガホンを取った岸谷五朗

 1日、東京・TOKYO FMホールで映画『キラー・ヴァージンロード』のイベント試写会が開催され、主演を務めた上野樹里、寺脇康文、そして今作で初メガホンを取った岸谷五朗監督がトークショーを行った。

 出会いから25年以上経った現在も、公私ともに名コンビぶりを発揮している岸谷と寺脇は、「あなたの町の宣伝マン募集!試写会」と題されたこの日のイベントでも、ベテラン漫才師のような絶妙なかけ合いを披露し、客席を爆笑の渦に巻き込んだ。来場した約300人は映画鑑賞後、各々のアイディアで映画を宣伝しようと躍起だったが、寺脇は「観たら、宣伝しようとは思わないですよ」と岸谷の初監督映画をバッサリ。さらに「できれば僕が出ているシーンは観てほしくないし、カットしてほしい。僕の役者人生も終わった!」と今作への出演を後悔するようなコメントで、観客を笑わせていた。

 一方、念願の初監督映画を盟友である寺脇に全否定された岸谷は、「『相棒』で事件を解決するカッコいい(寺脇の)姿で、世間はカン違いしている。寺脇の本当のすごさを知ってもらうため、この映画に出てもらった」と寺脇を起用した理由を熱く語ったが、実は劇中で寺脇が演じるのはなんと死体! まさかの“大役”に寺脇も「絶対事務所がNG出すような役」と苦笑していたが、息の合ったトークからも2人が作品の出来栄えに満足している様が伝わってきた。

 『キラー・ヴァージンロード』は結婚式前日に誤ってアパートの大家(寺脇)を殺してしまったドジなOLのひろ子(上野)のドタバタ逃走劇をハイテンションに描いたコメディー作品。

映画『キラー・ヴァージンロード』は9月12日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 9月
  4. 2日
  5. 寺脇康文、“相棒”岸谷五朗の初監督映画を全否定!「僕の役者人生終わった」と大後悔!?