シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

バトル勃発?「ギャラクティカ」新作ファンVS.旧作ファン!劇場用『宇宙空母ギャラクティカ』は旧作寄り?

バトル勃発?「ギャラクティカ」新作ファンVS.旧作ファン!劇場用『宇宙空母ギャラクティカ』は旧作寄り?
新作はスピンオフドラマも製作される人気!「GALACTICA:RAZOR/ペガサスの黙示録」 - Film(c)2007 Universal Studios. All Rights Reserved.

 映画『X-MEN』シリーズをはじめ、最近では映画『ワルキューレ』をヒットさせた監督としておなじみのブライアン・シンガーが劇場版映画『宇宙空母ギャラクティカ』のメガホンを取ることが正式に決定したが、この「ギャラクティカ」には実は新旧ファンの対立が根深い。

 若い映画ファンの方には、なじみが薄いかもしれないが、『宇宙空母ギャラクティカ』のオリジナルは1978年に放映されたテレビドラマ。1977年に全米公開され大旋風を巻き起こしていた映画『スター・ウォーズ』の成功に便乗して製作され、日本ではパイロット版が劇場公開されるという華やかなスタートを切ったものの実際のオリジナルテレビシリーズはわずか1シーズンで打ち切りとなってしまった。

 とはいうものの、「ギャラクティカ」というネームバリューは根強く生き続けて、2003年には全米ケーブル・ネットワークのSyfyチャネルに「バトルスター・ギャラクティカ」、通称「BSG」として新キャスト、新コンセプトでカムバックを果たし、新たなファンベースを生み出した。そのため、現代版BSGファンとオリジナル版BSGファンの間に多少の派閥ができてしまったようで、ブライアン監督の起用はファンの間で賛否両論を呼んでいる。

 今回の起用が決定し、ブライアン監督が製作の大切な相棒となるプロデューサーとして選んだのは、現代版SyfyチャンネルのBSGを手がけたプロデューサー、ロナルド・ムーア氏ではなく、1978年度オリジナル版の製作を手がけたプロデューサーのグレン・ラーソン氏。この製作上での決定が現代版BSGファンの間で物議を醸しているのである。

 実はブライアン監督、オリジナル版BSGが好きで以前に1978年度のオリジナルテレビシリーズのダークな風合いを生かしたテレビシリーズを作ろうとしていたようだ。しかしそれから間もなく2001年の9.11テロ事件が勃発。世界中が爆発の映像に過敏になり、いくらBSGが架空の宇宙戦争を描いた番組であるとはいえ、とにかく時期が悪いということでそのままその製作準備はオジャンとなってしまった。

 だが今回、ブライアン監督の劇場用『宇宙空母ギャラクティカ』への監督就任が決まったことや、オリジナル・プロデューサーのラーソン氏の参加などから見て、BSGファンの間では、オリジナルの作風を活かした映画作りをするのではという見方がファンの間で濃厚となっている。これが現代版BSGのファンたちにとっては面白くないようで、インターネットの映画サイトやSFコンベンションなどでは喧々囂々のトピックとなっている。

 いずれにせよ、ブライアン監督はカッコいいだけではなく、深みもある作品を生み出す。劇場用『宇宙空母ギャラクティカ』は、話題の超大作になることは間違いないだろう。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 9月
  4. 5日
  5. バトル勃発?「ギャラクティカ」新作ファンVS.旧作ファン!劇場用『宇宙空母ギャラクティカ』は旧作寄り?