シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ヴェネチアをにぎわす日本の美女二人!塚本監督はヘンタイじゃなくて天才!【第66回ヴェネチア国際映画祭】(1/2)

ヴェネチアをにぎわす日本の美女二人!塚本監督はヘンタイじゃなくて天才!
塚本晋也監督はヘンタイじゃなくてテンサイ!-桃生亜希子と中村優子、第66回ヴェネチア国際映画祭にて

 第66回ヴェネチア国際映画祭に塚本晋也監督映画『TETSUO THE BULLET MAN』で参加している女優・桃生亜希子と中村優子が現地でインタビューに応じ、鬼才の撮影現場秘話を明かした。

 オーディションで選ばれた二人は、塚本組初参加。桃生は、息子が殺害された怒りで鋼鉄の肉体を持ってしまう主人公アンソニー(エリック・ボシック)の妻ゆり子役を、中村はアンソニーの母親・美津枝役で出演している。これまで、塚本監督が起用する女優は、映画『TOKYO FIST』の藤井かほりや『双生児−GEMINI−』のりょうに代表されるように、切れ長目のクールビューティーが多かった。しかし、二人はこれまでとは全くタイプが違う。

 桃生は「わたしも選ばれて意外に思ったんです。わたしはよくラテン系と言われるのですが、監督いわく『ダークな内容だから、あえてわたしの持つ明るさを生かしてほしい。ゆり子が唯一観客と映画をつなぐ役なので、観客の誰もがゆり子に感情移入できるようにしたい』と言っていました」と説明する。

 一方、河瀬直美監督の映画『火垂』でストリッパーを、『血と骨』では脳腫瘍で倒れる戦争未亡人役と、堕ちていく女を演じさせたらピカイチの中村は「わたしは暗さがあるので(塚本作品と)合うかも。友達にも“幸消し”って言われるんです」と苦笑い。

 そもそも二人は、カルト映画である『鉄男』の熱狂的なファンというワケではないという。むしろ桃生は「こんな映画を作る監督が、どれだけヘンタイな人なのか見てやろうと思って。怖いもの見たさです(笑)」とバッサリ。中村も「『鉄男』と言えば暴力性が先行していて、そこを追究していくことに快感を持っている監督なのかと、敬遠していました」と言う。

 しかし『TETSUO THE BULLET MAN』では、鉄男の哀しき生い立ちや、妻子を愛する一家庭人のとしての顔も描かれている。中村は「ヴェネチアでの公式会見で塚本監督が言っていましたけど、『鉄男II/BODY HAMMER』までは人間の中にある暴力性をファンタジーとして描き、観て、楽しいという願望を味わってもいいんじゃないかと。まっ、そう考えるのってヘンタイですよね(笑)。でも今回は、その暴力性をコントロールする『愛情の力』を人間は持っていることが描かれていた。そこが今までと違うなって思ったんです」と新作に惹(ひ)かれた理由を語った。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【衝撃】木村多江『東京島』で次々と男と絡む超絶濡れ場披露! - from HOT デイリーニュース! (2010年8月12日 21時32分)
    次々に木村多江が男たちに求愛を求め、 男に押しつぶされ、胸をわしずかみにして襲われる・・・・・・ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 9月
  4. 7日
  5. ヴェネチアをにぎわす日本の美女二人!塚本監督はヘンタイじゃなくて天才!