シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

全米興収で「鉄腕アトム」のハリウッド版映画『ATOM』が初登場6位に!-10月27日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

全米興収で「鉄腕アトム」のハリウッド版映画『ATOM』が初登場6位に!-10月27日版
今はトップを狙う力を充電中ですっ! (映画『ATOM』より) - (C) 2009 Imagi Crystal Limited Original Manga (C) Tezuka Productions Co., Ltd.

 今週のチャート争いは、まさにウサギとカメの逸話を絵に描いたような結果となった。先週首位だった、映画『かいじゅうたちのいるところ』が5週間かけて第1位にたどり着いた映画『パラノーマル・アクティヴィティ』(原題)にまんまと王座を奪われるという結末になったのである。

 去年の同時期と比べて、14パーセントダウンを記録してしまった総合全米興行成績だったが、第1位の映画『パラノーマル・アクティヴィティ』(原題)は、どこ吹く風で意気揚々の2,110万ドル(約21億1,100円)をたたき出した。この快進撃は先週に引き続き公開映画館数が増加したことと(何と200パーセント以上の増館!)、ライバルで公開前からかなりの期待がかかっていた映画『ソウ6』がデビューと同時にガス欠状態であることに端を発している。『パラノーマル・アクティヴィティ』(原題)は、公開日から31日間で6,160万ドル(約61億6,000万円)の興行収入を記録しており、その数字はこれからも伸びていく見込みだ。(1ドル100円計算)

 さて、問題の『ソウ6』だが、1,412万ドル(約14億1,200万円)の売り上げで、今週第2位にランキング。『ソウ6』は、シリーズ中でも一番元気のない作品で、3,036館推定4,000スクリーンというジャンボ公開なのにもかかわらず、カメ級の『パラノーマル・アクティヴィティ』(原題)に第1位をもぎ取られてしまった。デビュー週末でこの興行成績では、天下のジグソウもそろそろ引退近し……といったところか。

 第3位は、王座を1週間しかキープできなかった映画『かいじゅうたちのいるところ』で1,402万ドル(約14億200万円)の売り上げ。スパイク・ジョーンズ監督に恨みでもあるのかと思われるのほどのボロクソだった、ロサンゼルス・タイムズ紙の批評もかなり痛手だったのではないだろうか。予想以上の落下率57パーセントを記録しており、関係者たちは懸念気味である。

 第4位も、先週から2ランクダウンの映画『ロウ・アバイディング・シチズン』(原題)で1,240万ドル(約12億4,000万円)の収益。だが、『かいじゅうたちのいるところ』に比べると落下率は41パーセントと安定圏内に入っており、当初の下馬評よりスタミナのあるチャート成績が期待できるかもしれない。

 第5位は、デビュー3週目の映画『カップルズ・リトリート』(原題)で1,062万ドル(約10億6,200万円)。こちらも安全圏の落下率で先週と比べて38.4パーセントダウンという結果だった。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 10月
  4. 28日
  5. 全米興収で「鉄腕アトム」のハリウッド版映画『ATOM』が初登場6位に!-10月27日版