シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

マラウイの孤児にとってマドンナは神様

マラウイの孤児にとってマドンナは神様
子どもから神様だと賞賛されたマドンナ

 マラウイを訪れているマドンナが、2006年10月に生後1年1か月だったデヴィッドくんがいた孤児院を再び訪問した。

 孤児院の子どもたちはマドンナを称賛し、一人の子どもは「あなたは神様だ。あなたがいなければ僕たちはどうなっていたんだろう?」と言っていたという。子どものケアセンターの責任者ルーシー・チペタも、「デヴィッドはまだ小さいからわからないでしょうが、わたしたちは2006年に小さくて病気がちだったあの赤ちゃんが目に浮かび、涙をこらえるのが大変でした。マドンナもそのようでした」とコメント。孤児院を創設したトンプソン・チペタも「デヴィッドはとてもにぎやかな子で、2006年のあの赤ちゃんからは想像ができない」とUsウィークリー誌に語っている。

 4歳になるマーシーちゃんもマラウイから養子に迎えたマドンナは、マラウイから学んだことが多いという。「いろいろな人に『どうしてマラウイを選んだの?』と聞かれるけど、『マラウイがわたしを選んだの』といつも答えているわ。恵まれた環境で育ったわたしは、教育というものを当たり前のこととして受け止めてきた。マラウイはわたしにいろいろなことを教えてくれたの」とコメントしている。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 10月
  4. 30日
  5. マラウイの孤児にとってマドンナは神様