シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『タイタニック』を超えるラブロマンス!『アバター』の見たこともない生々しいカップルが公開!

『タイタニック』を超えるラブロマンス!『アバター』の見たこともない生々しいカップルが公開!
主人公ジェイクとナヴィの族長の娘ネイティリ-映画『アバター』より - (C)2009 Twentieth Century Fox. All rights reserved.

 『タイタニック』で映画史に金字塔を打ち立てたジェームズ・キャメロン監督が、構想14年、製作4年を費やした入魂作『アバター』。本作の主人公ジェイクのアバターと、ナヴィの族長の娘ネイティリの生々しいツーショットのビジュアルが公開された。

 本作は最新の3D技術を駆使して製作され、スクリーンと客席の垣根をなくすほど幻想的な世界が広がる。このたび公開された二人もいままで見たこともない生き物だが、その高い技術力によって表現された映像は、とてもCGには見えず、リアルで生々しい。青い肌がなんだかちょっと不気味な感じもするが人間の分身なので、ハートは熱い。

 キャメロン監督が創造した圧倒的なスケールの世界観は、地球からはるか彼方の神秘的な衛星“パンドラ”。その豊かな大自然には未知の動植物が生息し、息を飲む幻想美と生命力に満ちあふれている。その衛星パンドラで“アバター・プロジェクト”に着手していた人類の計画は、この星の先住民ナヴィと人間のDNAを組み合わせた肉体アバターを創ることで、有毒な大気の問題をクリアし、莫大な利益をもたらす鉱物を採掘しようというのだ。この計画に参加した元兵士ジェイクは車椅子の身だったが、アバターを得て体の自由を取り戻す。そして、パンドラの地に降り立ち、ナヴィの族長の娘ネイティリと恋に落ちる。しかし彼はパンドラの生命を脅かす任務に疑問を抱き、この星の運命を決する選択を強いられていくという重大な局面にぶつかるのだ。

 ビジュアルだけでなく、心の葛藤(かっとう)や、燃えるような恋愛を完璧に描くのはキャメロン監督ならでは。最初は見たこともない気持ち悪い生き物だったアバターもその圧倒的な世界観の中に入りこむと、逆にかなりハマる。世界中を感動に包んだ『タイタニック』を上回る恋愛物語も期待できそうだ。

『アバター』12月17日(木)3D特別前夜祭 12月18日(金)TOHOシネマズ日劇他全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 11月
  4. 5日
  5. 『タイタニック』を超えるラブロマンス!『アバター』の見たこともない生々しいカップルが公開!