シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ジェームズ・フランコ、ダニー・ボイル監督映画で登山家を演じる

ジェームズ・フランコ、ダニー・ボイル監督映画で登山家を演じる
ジェームズ・フランコ

 大ヒット映画『スパイダーマン』シリーズや『ミルク』のジェームズ・フランコが、実在の登山家を演じることが明らかになった。

 業界紙プロダクション・ウィークリーのtwitter版が伝えたところによると、ジェームズがダニー・ボイル監督映画『127アワーズ』(原題)で主演を務めるとのこと。映画は、登山家アーロン・ラルストンの壮絶な体験を描くもので、ジェームズがラルストンを演じる。ラルストンは、27歳だった2003年、ロッククライミング中に事故にあい、峡谷で身動きがとれない状況のまま数日が過ぎ、死を覚悟するが、信じがたい決断と勇気で6日目に生還した片腕のアルピニストだ。彼のこの奇跡の物語は「アーロン・ラルストン 奇跡の6日間」として小説化され、アメリカで大ベストセラーとなった。脚本は、アカデミー賞8部門を受賞した映画『スラムドッグ$ミリオネア』のサイモン・ボーフォイが執筆し、撮影は3月の初めから、実際に事故の起こったユタ州で行われる。本作は、完全に実話を基にした作品なだけに、本編中はせりふが少なく、水や食料もなかったラルストンの過酷な状況を表すのにジェームズの演技力だけが頼りということになる。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 1月
  4. 13日
  5. ジェームズ・フランコ、ダニー・ボイル監督映画で登山家を演じる