シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

10等身美女!ケンブリッジ大生でシャネルのモデル!ジョニデと共演!すべてを持ってるリリー・コール

10等身美女!ケンブリッジ大生でシャネルのモデル!ジョニデと共演!すべてを持ってるリリー・コール
足長っ! お人形さんみたいとはまさにリリーのためにある言葉です!!-リリー・コール

 テリー・ギリアム監督の映画『Dr.パルナサスの鏡』の撮影中に急逝した名優ヒース・レジャーの最後の共演女優となったスーパーモデルのリリー・コールが、10等身近いボディー同様、パーフェクト過ぎる人生について語った。

 リリーは完ぺきなスタイルとハート型のドール顔を武器に、プラダ、シャネル、エルメスなどの広告を飾るスーパーモデル。そんな華やかなファッション業界のセレブが、難解で有名なギリアム監督の映画にヒロインとして出演しているということ自体が一つの事件だ。「出ない理由がないわ」と出演理由を即答したリリーは、ギリアム監督との仕事について、「革新的な映像作家だと思うし、独自のビジョンを持っていると思うわ。彼自身も特異なキャラクターよ(笑)。今回一緒に仕事をして、すごく親しみを感じたし、今後も彼の映画に出たいと思ったわ」とまだ20歳とは思えない堂々とした受け答えだ。

 まだ若いのになぜこんなにも大人びているのか? 彼女の言葉に説得力をもたらしているのは、その頭脳にあった。ケンブリッジ大学のキングス・カレッジに入学して美術史を勉強中だそうで、「大学で美術史を学んでいるので、世界中にはどういう美術があるのか、またアーティストがいるのかを学んだ上で、自分の好きなちょっと変わったユニークな映画に出られたらいいと思うわ」と語るリリーは、美ぼうに加え知性も兼ね備えているのだ。

 クールビューティーというイメージの強いリリーだが、ヒースの話題になると、みるみる悲しげな表情に。「彼は『台本の読み合わせを一緒にしようか?』と率先して誘ってサポートしてくれて……わたしがセリフをうまく言えるようになってくると、大げさじゃなくて心からほめてくれたのよ」とヒースとの思い出を教えてくれた。スーパーモデルの人間性が垣間見られた瞬間だったが、総資産20億円を稼ぎ出しているケタ違いの収入を聞くと、再び一気に距離が開いてしまいそうだ。「一生楽に暮らせるお金はまだないわ(笑)。それに新しい経験ができることがとにかく楽しいの。新しい国に旅行することや新しい人たちに出会うことね。今のわたしは目の前に巨大な海があって、その海に親指の先をちょっとつけただけのような気がするの」と自らの人生を海に例えた。

 美ぼう、知性、富とくれば、最後は恋愛だが、「大学の休みが6か月ぐらいあるので、ここ最近はボーイフレンドと過ごしているわ」と万事順調なご様子。すべてを手に入れたスーパーセレブの目下の興味は、「大学で学位を取りたいわね。次の休みを利用して映画を1本取れればいいと思っているけど、今後も自分らしく女優としてのジャーニーを続けていければいいわ」と締めくくった。本作の後は、マリリン・マンソンの初監督作品や、メアリー・ハロン監督によるホラー映画の撮影も控え、女優業に意欲的なリリー。この先も、ヒースの遺志を受け継いだ最後の共演女優としての誇りを胸に、大いなる飛躍を遂げてほしい。

映画『Dr.パルナサスの鏡』は1月23日よりTOHOシネマズ 有楽座ほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 1月
  4. 19日
  5. 10等身美女!ケンブリッジ大生でシャネルのモデル!ジョニデと共演!すべてを持ってるリリー・コール