シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

アカデミー賞の行方を占う…ゴールデン・グローブ賞からみる今年の傾向(1/2)

アカデミー賞の行方を占う…ゴールデン・グローブ賞からみる今年の傾向
雨の中始まった第67回ゴールデン・グローブ賞授賞式 - Jason Merritt / Getty Images

 第67回ゴールデン・グローブ賞の授賞式がロス時間1月17日(日)、ビバリーヒルトンホテルで開催され、『アバター』が他の有力候補を押しのけて、作品賞と監督賞の主要2部門に輝いたが、ゴールデン・グローブ賞を振り返りつつ、今年のアカデミー賞の行方を考察してみた。

 今年のゴールデングローブ賞の授賞式は、あいにくの雨のなか、傘をさしてレッドカーペットを歩くスターが目立った。また、ハイチ地震救済活動を応援するリボンをつけるセレブも多く、例年より控えめな雰囲気が漂う開催となった。

 そんな中、今年の一番の注目点は、ジェームズ・キャメロン監督のSF作品『アバター』が他の有力候補を押しのけて、作品賞と監督賞の両方に輝いたことだろう。もともとSF作品は主要部門で受賞しにくい。しかも、対戦相手には、最多6部門ノミネートのジョージ・クルーニー主演『マイレージ、マイライフ』や、数々の賞を受賞しているキャスリン・ビグロー監督『ハート・ロッカー』、タランティーノ監督の集大成とも言える『イングロリアス・バスターズ』が並んでいた。しかし、後半からぐんぐん勢いをつけた『アバター』が、ほかの作品をどうどうと追い抜く結果となった。

 技術、質ともに、「まれに見る画期的な作品」と、米批評家たちの間でも評判が高い『アバター』。この勢いのまま、アカデミー賞でも作品・監督賞やその他の賞を総なめにし、今年はアバターの年になるのではないか。前代未聞の3D技術やCGを駆使しながら、それに振り回されない力強い作品をつくり上げたキャメロン監督の技量はじゅうぶんに評価に値する。

 ちなみに、『アバター』はつい昨日世界興行収入が18億5,500万ドル(約1,669億円)を超え、『タイタニック』の持つ記録18億4,800万ドル(約 1,663億円)を11年ぶりに抜いて全世界興収歴代1位に輝いた。(1ドル=90円で計算)。

 また、今回、監督部門でキャメロン監督の対戦相手となった『ハート・ロッカー』のキャスリン・ビグロー監督は、キャメロン監督の元奥さんだ。元妻と競争相手になってしまったキャメロン監督は、受賞した瞬間、「実はキャスリン(元妻)が取ると思っていたので、驚いた」とコメントし、緊張感を和らげるコメントが印象的だった。

 そのほか、俳優部門に関しては、「長年の努力が日の目を見る」結果が目立った。ドラマ部門の主演男優賞受賞者ジェフ・ブリッジスは、長年ハリウッドで活躍してきたが、その割には、主要な賞にずっと恵まれなかった。しかし、今回は『クレイジー・ハート』のアル中のカントリー歌手を熱演。すでに61歳なだけに、「このへんでそろそろ取らせてあげたい」という会員たちの気持ちも反映されたのではないか。受賞瞬間、観客全員が総立ちで拍手を送った。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • アカデミー賞の行方は!? from ミステリ通信 創刊号 (2010年1月28日 1時9分)
    アカデミー賞はどの作品に? 現在、さまざまな憶測が飛び交っています。 そんな中、「シネマトゥデイ」さんがアカデミー賞にむけて情報のまとめともいえる記事を掲載しました(本文末尾よりリンクあり)。 この記事によれば、寡聞にして知らなかったのですが、第67回ゴール.. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 1月
  4. 27日
  5. アカデミー賞の行方を占う…ゴールデン・グローブ賞からみる今年の傾向