シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

11歳の演歌少女さくらまや、愛の告白は「メールじゃなくて直接言ってほしい」

11歳の演歌少女さくらまや、愛の告白は「メールじゃなくて直接言ってほしい」
パイに入刀、さくらまや

 9日、「TSUTAYA for Lovers」と銘打ち、恋する二人が観るDVD576作品を取りそろえるコーナーを展開するTSUTAYA恵比寿ガーデンプレイス店で、海外テレビドラマ「プッシング・デイジー ~恋するパイメーカー~」のTSUTAYAバレンタイン隊長就任&パイ入刀式イベントが行われ、11歳の演歌少女として知られる歌手のさくらまやが登場した。

 本作のリリースを記念して、第51回日本レコード大賞新人賞を受賞し、昨年末の第60回NHK紅白歌合戦に出場したさくらがバレンタイン隊長に就任。今回は就任式ということで、ドラマにちなんで用意された特製パイに入刀し、さくらのCDを貸し出すなどお世話になっているTSUTAYAの店員たちに「あ~ん」とファーストバイト。「初めての経験なので緊張してます」と話すさくらだったが、スタッフたちは口々に「とても幸せな気持ちになりました」と癒やされている様子だった。

 マスコミ向けの囲み取材に応じたさくらは、バレンタインデーについて、「本命の男の子にはあげたことはないですが、友チョコとしてなら男の子にあげたことがあります。ちょっと言いづらいんですけど、今まであまりタイプの男の子がいなかったんです」と恥ずかしそうに告白。何とか恋の話を引き出そうとする取材陣から、好きなタイプを聞かれると「男らしい人がいいです。女々しい人は好きじゃないです。好きとか(の告白)はメールじゃなくて直接言ってほしい」とコメント。いわゆる草食系男子は好みじゃない様子のさくらだが、好みの芸能人など、さらに突っ込んで聞き出そうとする取材陣に「わたしも何年かしたら恋人募集中になると思いますけど、まだ11歳なので……」とキッパリ。さくらの大人びた対応に集まった報道陣は、一様に感心していた。

 「プッシング・デイジー ~恋するパイメーカー~」はエミー賞を2年連続で受賞したスイートなファンタジー。触れるだけで死者をよみがえらせる不思議な力を持つ青年ネッドが、彼の初恋の女性チャックをよみがえらせるが、愛し合っているのにお互いに触れることができない……という物語。

DVD「プッシング・デイジー ~恋するパイメーカー~ <ファースト・シーズン> コレクターズ・ボックス」は発売中(税込み:9,800円)
DVD「プッシング・デイジー ~恋するパイメーカー~ <セカンド・シーズン> コレクターズ・ボックス」は2月24日よりワーナー・ホーム・ビデオから発売(税込み:9,800円)


【関連情報】
キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 2月
  4. 9日
  5. 11歳の演歌少女さくらまや、愛の告白は「メールじゃなくて直接言ってほしい」