シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

セクシーアイドルから演技派へ!キュートなみひろに監督、共演者もメロメロ!

セクシーアイドルから演技派へ!キュートなみひろに監督、共演者もメロメロ!
キュートなみひろ

 20日、池袋シネマ・ロサで映画『ランニング・オン・エンプティ』の初日舞台あいさつが行われ、小林且弥、みひろ、杉山彦々、佐向大監督が登壇した。

 テレビバラエティ「ゴッドタン」「おねだり!! マスカット」などで人気のセクシーアイドル、みひろだが、その演技力の高さから、近年では女優としても高い評価を受けている。本作でもキュートな魅力を放っていた彼女は満員の客席を見渡して、「今日はたくさんの方に来ていただいてありがとうございます。(私の演じた)アザミは男の人をもて遊ぶというか、小悪魔のような女の子なので、演じていて楽しかったです。女の子にはこういう部分があるんだなと実感させられました」とキュートにあいさつ。

 続いて本作の見どころについて聞かれた佐向監督は「この映画は人間とは何かとか、家族愛といった深いテーマが隠されているんですけど、自分で初めて観たときに思ったのは、みひろさんが可愛いなということだったんですね。ですからそこを観てもらいたいですね」と話すなど、キュートなみひろにメロメロな様子だった。そんな中、印象に残ったシーンを聞かれた共演者の杉山は、「ぼくはみひろさんを追いかけてる男の役なんですけど、撮影でパンチラができるんですよ。お仕事でパンチラっていいなと思って」といきなりのドッキリ発言。「見たんですか?」と驚くみひろに、「お仕事なので、見えちゃいました……」と恥ずかしそうに答える杉山だった。しかし、こういうことが気がねなく話せるのも、みひろが「親戚のお兄ちゃんたちが集まったような和気あいあいとした雰囲気でした」と話したような、キャスト同士の仲の良さがあればこそなのだろう。

 本作は、やる気のない恋人からお金をふんだくるために狂言誘拐を企てる女性と、彼女に振り回される男たちが右往左往する中で、次第に計画が大きく狂い、思わぬ事態へと暴走していく。コメディとシリアスドラマの境界を鮮やかに跳び越え、空虚とナンセンスに満ちた世界が広がる。

映画『ランニング・オン・エンプティ』は池袋シネマ・ロサにて公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 2月
  4. 21日
  5. セクシーアイドルから演技派へ!キュートなみひろに監督、共演者もメロメロ!