シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

強制労働に虐待!イギリス政府が口をつぐみ続けた歴史の闇を告発した女性の伝記映画

強制労働に虐待!イギリス政府が口をつぐみ続けた歴史の闇を告発した女性の伝記映画
主演を務める、エミリー・ワトソン - Samir Hussein / Getty Images

 1930年代から1970年代に行われた英国児童移民プログラムについて、イギリスのゴードン・ブラウン首相が謝罪声明文を出した今週、くしくもこの問題を告発した女性の伝記映画『Oranges and Sunshine』(原題)がクランクアップした。

 英国児童移民プログラムとは、植民地主義の一環の国策で、現地の黄色人種や黒人の移民を食い止めて彼らの支配を拒むため、孤児院に入所していた孤児や、貧困を理由に家族から引き離された子どもたちを、イギリスの植民地であったアフリカやニュージーランド、オーストラリアに送り込んでいたプログラム。オーストラリアに送り込まれた子どもたちのほとんどは、強制労働や虐待などを受け、家畜同然に扱われていたという。

 ノッティンガムシャーで社会福祉相談員をしていたマーガレット・ハンフリーズは、4歳のときにイギリスから船に乗せられて強制的にオーストラリアに送られた女性から両親探しの協力依頼を受け、団体を設立。その後マーガレットは、この忘れられた子どもたちの問題を告発した「からのゆりかご 大英帝国の迷い子たち」を出版。イギリス政府は口をつぐみ続けたが、ドキュメンタリーが製作されるなど国民の関心も高まり、調査委員会によって問題が公のものとなった。昨年11月にはオーストラリアのケビン・ラッド首相が、イギリスから受け入れた子どもたちに精神的虐待や肉体的虐待があったことを認めて謝罪。そして今月23日にゴードン首相が謝罪声明文を出した。

 『Oranges and Sunshine』(原題)に主演するのは、映画『奇跡の海』『アンジェラの灰』などで知られるエミリー・ワトソン。そのほか映画『オーストラリア』のデヴィッド・ウェンハム、映画『ウルフマン』のヒューゴ・ウィーヴィングも出演。監督はテレビドラマなどを手掛けてきたジム・ローチ。しばらくの間、イギリスで話題となっていた題材だけに、注目を浴びる作品になりそうだ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • discover this info here from discover this info here (2014年7月15日 0時20分)
    強制労働に虐待!イギリス政府が口をつぐみ続けた歴史の闇を告発した女性の伝記映画 - シネマトゥデイ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 2月
  4. 26日
  5. 強制労働に虐待!イギリス政府が口をつぐみ続けた歴史の闇を告発した女性の伝記映画