シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

井筒監督、沢尻エリカにエール!「捨てる神あれば、拾う神あり」

井筒監督、沢尻エリカにエール!「捨てる神あれば、拾う神あり」
井筒和幸監督、ご機嫌

 12日、スペースFS汐留で映画『ヒーローショー』の完成披露試写会が行われ、主演の後藤淳平と福徳秀介(ジャルジャル)、ヒロインを演じるちすん、そして本作が約3年ぶりの新作となる井筒和幸監督が舞台あいさつを行った。

 久しぶりの新作完成に、井筒監督は登場するなり、ピースサインを連発するなど終始ご機嫌。後藤から「監督は取材に遅刻した」とバラされると、「いやぁ、飲みすぎて。最近、(生活が)荒れている」と自ら暴露。

 井筒監督が吉本興業所属のタレントを主演に起用するのは、島田紳助と故・松本竜助(当時は竜介)さんが主演した映画『ガキ帝国』、ナインティナイン主演の映画『岸和田少年愚連隊』に続いて3回目。当初、周りからは別の吉本芸人を推す声もあったと明かした井筒監督は、「僕だけはこいつら二人だよって、彼ら(ジャルジャル)を推したんだ」と真相をぶっちゃけ。当のジャルジャルは喜びと困惑の入り混じった表情だったが、井筒監督のトークは止まらず「ナイナイ(ナインティナイン)は押し付けられただけ。それとは違う!」とさらなる暴露で、会場を盛り上げた。

 なお井筒監督は、自身の映画『パッチギ!』に出演し、来週にも芸能界に復帰する予定の沢尻エリカについて「聞くな、オレに」と少々キレつつも、「(復帰は)良かったやん。全然いいんじゃない? 捨てる神あれば、拾う神あり。それが芸能界でしょ」と井筒流のエールを送っていた。

 『ヒーローショー』は一人の女性をめぐって抗争を繰り広げる若者たちの衝動を通して、現代を生きる彼らの葛藤(かっとう)と閉塞感をリアルに描いた青春ストーリー。

映画『ヒーローショー』は5月29日より角川シネマ新宿ほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 沢尻エリカ from 芸能人愛用話題商品ブログ (2010年3月17日 23時18分)
    沢尻エリカさん愛用ルイ・ヴィトン最新作!!アメリカの アーティスト、スティーブン・スプラウスの作品にインス ピレーションを得て生まれ変わった、軽量でデイリーユー スに最適なバッグ「ネヴァーフルMM」。1点1点異なる表情 のローズ柄がシルクスクリーンプリントで.. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 3月
  4. 12日
  5. 井筒監督、沢尻エリカにエール!「捨てる神あれば、拾う神あり」