シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『メン・イン・ブラック』のリップ・トーン、銀行強盗未遂で無罪を主張

『メン・イン・ブラック』のリップ・トーン、銀行強盗未遂で無罪を主張
自宅と勘違い? -リップ・トーン - Kevin Winter / Getty Images

 1月にコネチカット州の銀行に拳銃を持って押し入り、逮捕された映画『メン・イン・ブラック』のリップ・トーンが罪状認否で無罪を主張した。

 事件当時、警察が銀行に到着したときには、リップは弾の入った拳銃を握りながら銀行の床で寝ており、銀行の責任者は、リップが強盗目的で侵入したのではなく、自宅にいると勘違いしていたようだとTMZ.comにコメントしていた。酔っ払っていたリップは、携帯許可証なしに拳銃を持っていた罪、酒気帯びでの拳銃の携帯、第一級不法目的侵入罪、第一級刑事的侵害などを含む複数の罪に問われているが、すべてにおいて無罪を主張しているようだ。リップは現在、映画『ハッピー・ティアーズ』(原題)の撮影中で、リハビリ施設を出て、外来で治療に通っているとのこと。次の出廷は4月27日の予定。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 3月
  4. 31日
  5. 『メン・イン・ブラック』のリップ・トーン、銀行強盗未遂で無罪を主張