シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

スピルバーグ監督はセキュリティーに気を配りすぎ?暴露本の真偽は?

スピルバーグ監督はセキュリティーに気を配りすぎ?暴露本の真偽は?
セキュリティーは万全に越したことはないけどね…スティーヴン・スピルバーグ監督

 セキュリティーにこだわりすぎるスティーヴン・スピルバーグ事務所の実態に迫った本が出版され、物議を醸している。ニコール・ラポートというジャーナリストが出版したその本には、驚くべきスピルバーグ事務所のセキュリティー対策が記述されている。

 その本の中から3点を引用すると、第一に「スピルバーグのオフィスには、彼のデスクの上に電話での会話を内密に保つため、反響を防ぐ半月形のガラスがつるされている。警備員はそれを『沈黙のドーム』と呼んでいる」とのこと。第二に「スピルバーグの下で長年働いていた編集者が映写室でビデオを見ようとしたところ、スクリーンを隠すために部屋の窓すべてが黒い布で覆い隠された」そうで、映画の内容が外部に漏れないための対策も万全の様子。そして第三に「オフィスにある台本、企画書、メモまでも含んだすべての文書がコード化されていて、もしそれらが間違った人手に渡ってしまえば、誰の仕業かわかる」のだそうだ。

 さらに、事務所前にはまだ一度も使ったことのない緊急脱出避難用のバイクが常備され、事務所スタッフにはガスマスクを含む「サバイバル・キット」を配布していると暴露されたスピルバーグ監督。スポークスマンは、「これらの記述は現実とかけ離れていて、コメントするに値しない。もしほかにこのようなことを記述する本があれば、読者は真実はあまり書かれていないと思った方がいい」とこれを否定したが、本を執筆したニコールは、200人近くの現または元スタッフに話を聞いたとのことで、自身の本を擁護する発言をしている。

 この本の内容についての真偽は別としても、世界最高のヒットメーカーのセキュリティー対策は万全なはず。現実にはどんな対策をしているのか参考までに教えてもらいたいところだ。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 4月
  4. 3日
  5. スピルバーグ監督はセキュリティーに気を配りすぎ?暴露本の真偽は?