シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ドラえもんが5週連続で1位を独走中!!宮崎あおいの歌声が話題を集める『ソラニン』が初登場!!【映画週末興行成績】

ドラえもんが5週連続で1位を独走中!!宮崎あおいの歌声が話題を集める『ソラニン』が初登場!!
宮崎あおいの歌声が楽しみな映画『ソラニン』より - (C) 2010 浅野いにお・小学館 / 「ソラニン」製作委員会 写真:太田好治

 今年は映画30周年の節目ということで、映画のみならず関連書籍、グッズ販売も好調な『映画ドラえもん のび太の人魚大海戦』が5週連続でトップを独走中だ。公開30日間、全国366スクリーンの興行成績は動員が261万6,561人、興収27億6,837万4,530円。興収30億円突破も間近となっている。

 今週2位にワンランクアップしたのは映画『シャーロック・ホームズ』。子ども向け作品の多い今年の春興行の中で、大人が楽しめる娯楽アクション大作である本作が、その数少ない受け皿として、幅広い層の支持を集めた結果とも言えるだろう。代わって3位に落ちたのは『映画 プリキュアオールスターズDX(デラックス)2 希望の光☆レインボージュエルを守れ!』。4月3日に新宿のバルト9で開催された、およそ12時間にも及ぶ18歳未満入場禁止のオールナイトイベントは大盛況。順位は一つ下げたが、相変わらず大人の観客にも高い支持を集めているようだ。続いて4位は、公開5週目となる映画『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』。全国283スクリーンでの公開30日間で動員173万1,466人、興収20億9,758万7,120円と、興収20億円を突破。根強い人気を見せつけている。そして5位の映画『アバター』は公開15週目に入り、興収150億円を突破した。

 大きな変動が少なかった今週のランキングの中で、唯一、初登場ランクインを果たしたのは、浅野いにお原作の人気コミックを宮崎あおい主演で映像化した映画『ソラニン』。全国108館で公開され、初日2日間の成績は動員が6万4,444人、興収が9,315万3,190円となった。客層は女性やカップルが中心に集まっている。宮崎がTHE BLUE HEARTSの「1001のバイオリン」を歌う「earth music&ecology」のCMが話題を集めているが、同じく宮崎の歌声が楽しめる作品として注目を集めていた本作。CMのナチュラルな歌声とはひと味違った魅力がある作品だと評判も高い。

 7位は公開3週目となる映画『ダレン・シャン』がワンランクダウン。8位は『スパイアニマル Gフォース』が同順位をキープ。9位は『NINE』が2ランクダウンだが、17日間で興収5億6,368万円を記録している。そして10位は公開5週目となる映画『ハート・ロッカー』がワンランクダウン。堀北真希主演の映画『誰かが私にキスをした』は11位と早くも圏外に落ちている。

 今週末は、マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演のミステリー映画『シャッター アイランド』、井上真央主演のコメディ『ダーリンは外国人』、アカデミー作品賞にもノミネートされた奇想天外なSF『第9地区』といった作品が公開される予定。『ドラえもん』の6連覇を阻む作品がこの中から出てくるだろうか。(ランキングなどは興行通信社調べ)(取材・文:壬生智裕)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 4月
  4. 6日
  5. ドラえもんが5週連続で1位を独走中!!宮崎あおいの歌声が話題を集める『ソラニン』が初登場!!