シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『タイタンの戦い』が新作コメディーと激しいバトルの末、2週連続第1位に! -4月12日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

『タイタンの戦い』が新作コメディーと激しいバトルの末、2週連続第1位に! -4月12日版
映画『タイタンの戦い』より - (C) 2010 WARNER BROS ENTERTAINMENT INC AND LEGENDARY PICTURES

 月曜日になって週末ボックスオフィスの最終結果が発表されるギリギリの時点まで、新作映画『デートナイト』(原題)とデッドヒートを繰り広げていた封切り2週目の映画『タイタンの戦い』は最終的に2,663万ドル(約23億9,670万円)の売り上げを記録、滑り込みで2週連続全米第1位の座を守った。(1ドル90円計算)

 アメリカ時間日曜夜に発表されるボックスオフィス予報と呼ばれている統計では、新作『デートナイト』(原題)がナンバーワンとされていたのだが、最終的な売り上げ集計の結果、映画業界では小差にあたるおおよそ140万ドル(約1億2,600万円)の差で結局『タイタンの戦い』が第1位と判明した。

 スタジオより提出されるボックスオフィス予報においては、実際のボックスオフィスの結果(全米週末興行収入最終結果)と比べると誤差が生じることがある。映画チケットの売り上げが実際に集計されてアメリカ時間月曜日に発表される最終ボックスオフィス結果と異なり、予報は映画を配給したスタジオが週末開始の金曜日、ならびに土曜日のチケットの売り上げから日曜日の売り上げを予想する。この予想額は諸々のデータに基づきスタジオの経験豊かなスタッフがはじき出す数字らしいのだが、あくまで予想は予想。願望的な要素も多少数字に反映されているようで、100万ドル(約9,000万円)から250万ドル(約2億2,500万円)の誤差が発生することもある。金曜日の時点では『デートナイト』(原題)が917万ドル(約8億2,530万円)を売り上げてランキングのトップを走っていたのだが、土曜日には『タイタンの戦い』が1,100万ドル(約9億9,000万円)をたたき出して第1位に返り咲き、日曜日も730万ドル(6億5,700万円)で首位をキープしていた。だが、この時点で『デートナイト』(原題)の配給は過去のラブコメ・アクションのランキング傾向から見て、同作品が日曜日に大きく盛り返すと踏んだようだ。その結果、多めの予想額を提示したものと見られている。

 第2位は前出どおり、惜しくも首位は逃したが健闘した新作コメディー『デートナイト』(原題)。3,374館・推定4,600スクリーンにて上映の大型ロードショーで、2,521万ドル(約22億6,890万円)を獲得した。

 代わって第3位は、映画『ヒックとドラゴン』の2,486万ドル(約22億3,740万円)。子どもたちに依然として人気で、先週と比べてもたったの14.3パーセントの下降率となかなかのスタミナを見せている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 4月
  4. 13日
  5. 『タイタンの戦い』が新作コメディーと激しいバトルの末、2週連続第1位に! -4月12日版