シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

3D映画『三銃士』にミラ・ジョヴォヴィッチが謎の美女役で出演決定!

3D映画『三銃士』にミラ・ジョヴォヴィッチが謎の美女役で出演決定!
ポール・W・S・アンダーソン監督の妻でもあるミラ・ジョヴォヴィッチ

 映画『バイオハザード IV アフターライフ』のポール・W・S・アンダーソン監督がアレクサンドル・デュマの小説「三銃士」の映画化を企画しており、若手俳優からオスカー俳優までがキャスティング候補に挙がっている。

 業界紙ハリウッド・リポーターが伝えたところによると、ミラ・ジョヴォヴィッチと『イングロリアス・バスターズ』のクリストフ・ヴァルツが、『ザ・スリー・マスケティアーズ(三銃士)』(原題)に出演するとのこと。同作には、すでにレイ・スティーヴンソン、ルーク・エヴァンス、マシュー・マクファディン、マッツ・ミケルセンの出演が決まっており、オーランド・ブルームとローガン・ラーマンが出演交渉中。

 レイ、ルーク、マシューの3人が、アトス・ポルトス・アラミスの三銃士にふんし、出演が決まればローガンが三銃士の仲間となるダルタニャンを演じる。クリストフが悪役であるリシュリュー枢機卿(すうききょう)を演じ、マッツがリシュリューの腹心であるロシュフォール役に、ミラが過去にアトスと関係があった、美しく謎めいた女性ミレディー・ド・ウィンター役にふんする。

 オーランドはバッキンガム公役をオファーされていると伝えられており、出演が決まれば『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズに続く、オーランドのコスチューム・プレイが楽しめそうだ。脚本は、『ブリジット・ジョーンズの日記』のアンドリュー・デイヴィスとアンダーソン監督が共同で執筆し、撮影は9月から開始される予定だ。

 アレクサンドル・デュマの古典「三銃士」は、これまでに何度も映画化、アニメ化されてきたが、3D映画として製作されるのは今回が初めて。サミット・エンターテインメントによる本作のほか、ワーナー・ブラザースが「三銃士」の映画化を決めており、こちらは『ボーン・アイデンティティー』のダグ・リーマン監督がメガホンを取ることが発表されている。リーマン監督版は、今秋のスタートを予定しており、今後キャスティングが明らかになるものとみられる。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 5月
  4. 12日
  5. 3D映画『三銃士』にミラ・ジョヴォヴィッチが謎の美女役で出演決定!