シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ケイシー・アフレック、義兄ホアキン・フェニックスの奇行は「演出じゃない!」

ケイシー・アフレック、義兄ホアキン・フェニックスの奇行は「演出じゃない!」
ホアキン・フェニックスとケイシー・アフレック - Kevin Winter / Getty Images

 2008年に俳優を引退しラップ・ミュージシャンへと転身したホアキン・フェニックスのラッパーとしての姿を、義理の弟にあたるケイシー・アフレックがドキュメンタリー映画に仕上げた。この作品『アイム・スティル・ヒアー:ザ・ロスト・イヤー・オブ・ホアキン・フェニックス』(原題)は、ホアキンのラッパーとしての最初の1年を追いかけたもので、ケイシーはABCのニュース番組で「彼の人生の中でもユニークな期間だし、それを追求してみたかった」と語っている。

 ホアキンは俳優を引退して音楽活動を始めたころ、人気司会者デビッド・レターマンのトーク番組に出演。このとき、ヒゲもじゃ姿でろくに会話もせず、レターマンとまったく会話がかみ合わなかったり、ライブでの奇行が取り上げられ、すべては映画のための演出だったのではとうわさが流れた。これに対しケイシーは、この映画について「ホアキンの内なる声を描いた個人的な記録」と語り、演出疑惑を否定。ホアキンの妹サマー・フェニックスと結婚しホアキンとは親友同士でもあるケイシーは、「ホアキンは当時、これ以上演技はしたくない、音楽をやりたい、すぐに何かが起こると言っていた。僕にはそのとき、何が起こるのかわからなかったけれど、この映画で明らかになるよ」とコメントした。すでに大物プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタインらを招いた試写上映が行われており、映画のバイヤーを募っている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 6月
  4. 6日
  5. ケイシー・アフレック、義兄ホアキン・フェニックスの奇行は「演出じゃない!」