シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『鉄男』のアメリカ公開が決定!! ドイツほか10数か国での公開も決定しいよいよ世界へ

『鉄男』のアメリカ公開が決定!! ドイツほか10数か国での公開も決定しいよいよ世界へ
これが鉄男オールキャスト!!

 22日、渋谷のシネマライズで映画『鉄男 THE BULLET MAN』の初日舞台あいさつが行われ、塚本晋也監督、エリック・ボシック、桃生亜希子、中村優子、ステファン・サラザンが登場した。

 ベネチア映画祭、ニューヨークのトライベッカ映画祭など、昨年から世界中の映画祭で上映されてきた本作もいよいよ初日を迎えたとあって、塚本監督も感無量な様子。「製作しようとしてから17年くらいたったので、ちょっと感動してしまいました。最初、『鉄男 II BODY HAMMER』を作った時に、アメリカ版の『鉄男』を作らないかという話があって、非常に乗り気だったんです。タランティーノとか、いろんな人からやろうという話があって乗り気だったんです。何とディズニーからもオファーが来て。どんな映画になるんだろうと思いましたが、それも乗り気でした(笑)」とあいさつをすると、壇上のキャスト陣や会場からも「ディズニー版が観たい!」という声が起きて、大盛り上がりとなった。

 本作はもともとアメリカ版を視野に入れ、全編英語で制作されるというプロジェクトだったが、このイベント中に本作のアメリカでの公開決定が発表された。それによると、アメリカの配給会社5社が、アメリカでの配給権を巡って競いあい、その結果、映画『チェ 28歳の革命』2部作などアートフィルムに強いIFC FILMSが北米配給権を獲得したとのこと。「念願だったアメリカの公開がいよいよ決まりました。ぼくの友人ギャスパー・ノエ監督の映画『エンター・ザ・ボイド』などアーティスティックなんだけど面白い映画を配給してくれる会社なので相当、理想的でしたね」と喜びを表していた。アメリカの他にもすでにドイツ、オーストリア、スイス、ロシア、ギリシャ、ブラジル、そしてアジア圏では香港、台湾など10数カ国での公開も決定している。このアメリカ配給決定によって、世界的にさらに注目を集めることは必至となるだろう。

 本作は、塚本監督の世界的代表作である映画『鉄男』から20年目にして、新たに生み出したリニューアル作。最愛の息子を殺された男が、怒りのあまり身体が鋼鉄に変わり果ててしまう!

映画『鉄男 THE BULLET MAN』はシネマライズほかにて全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 5月
  4. 22日
  5. 『鉄男』のアメリカ公開が決定!! ドイツほか10数か国での公開も決定しいよいよ世界へ