シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

中谷美紀 VS 中島哲也監督の因縁再び!?「中島監督が大っ嫌い」だった日々を告白

中谷美紀 VS 中島哲也監督の因縁再び!?「中島監督が大っ嫌い」だった日々を告白
中谷美紀 、中島哲也監督和解の瞬間?

 27日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで開催された、映画『告白』公開記念「中島哲也映画祭」で、女優の中谷美紀と中島哲也監督という因縁の二人が再会、ここぞとばかりの中谷の“口撃”に会場は大いに沸いた。

 中谷と中島監督の因縁といえば、2006年の映画『嫌われ松子の一生』撮影中に、中島監督から連日のように「女優を辞めろ!」「殺してやる!」と罵倒(ばとう)され続け、精神的に参った中谷が(少しだけ)職場放棄した……いう壮絶エピソードで知られている。中谷にとって今回は中島監督を“口撃”できる絶好の機会とあって、「今日は中島哲也映画祭ということでまずは、おめでとうございます。このにっくき……」と切り出すと、思わず慌てる中島監督。すると中谷はすかさず笑顔で「大好きな監督をお祝いする場所に呼んでいただいて、本当にうれしいです」と先制ジャブ。縮こまっていた監督は撮影時を振り返り、「今までにやったことないことを全部やろうとしたので、どんな映画になるのかわからず相当神経質になっていたんです。ずいぶん迷惑をかけてしまいました。途中、いなくなりましたけど、最終的には最後まで撮影場所にいていただいて。そのおかげでこの映画が完成しました。今なら少しは相手の気持ちが理解できるようになったかも」としおらしく話す監督。しかし、中谷に「本当ですか!?」と問われると、しれっと「うそですけどね」笑いを誘っていた。

 すると中谷の中島監督“口撃”はさらにヒートアップ。「撮影当時は監督が大っ嫌いでした。でも今では豊かな日々だったと思います。思い出深い……何かの折に思い出す作品ですし、一生わたしの原点になる作品だと思います。今では芝居のときに、感情がうまくコントロールできずに涙が出ないときは、中島監督の顔を思い出すようにすると自然と泣けてくるんです(笑)。女優人生においてかけがえのない作品だったなと思います」と話し、会場を笑わせていた。そしてそんな中島監督の最新作『告白』を鑑賞した中谷は「監督がスタッフを怒鳴ったりする姿を間近に体験して、何て人の心がわからない人だと思っていましたが、この作品を観れば人の心の奥深くを見つめていることがわかります。不整脈を起こしそうなくらいドキドキして、素晴らしい作品でした」と新作について絶賛し、厳しい日々を共に過ごした戦友のような中島監督と一時休戦(?)を果たした。

中島監督の最新作『告白』は6月5日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 中島哲也映画祭開催!! from ミステリ通信 創刊号 (2010年5月27日 23時52分)
    映画「告白」公開を記念して中島監督のこれまでの映画をまとめて上映する「中島哲也映画祭」が本日(5月27日)開催されました。 ちなみに映画原作「告白」小説版、コミック版ネタバレあります!!注意!! ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 5月
  4. 27日
  5. 中谷美紀 VS 中島哲也監督の因縁再び!?「中島監督が大っ嫌い」だった日々を告白