シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

全米ナンバーワンは2週連続で『シュレック フォーエバー』に!『セックス・アンド・ザ・シティ2』も健闘 -5月30日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

全米ナンバーワンは2週連続で『シュレック フォーエバー』に!『セックス・アンド・ザ・シティ2』も健闘 -5月30日版
来日した、映画『セックス・アンド・ザ・シティ』キャスト陣

 新作が弱かったのか、シュレックがすごかったのか……。今週は、新しい封切り映画が2本あったというのに、それを尻目に映画『シュレック フォーエバー』が5,706万ドル(約51億3,540万円)の興行収入を記録して2週連続で全米第1位を獲得するという大番狂わせをやってのけた。(1ドル90円計算)

 第1位の『シュレック フォーエバー』もさることながら、今週の目玉はデビューの週末にもかかわらず第2位と第3位に甘んじてしまった新作2本のランキング競り合いである。アメリカは月曜日まで休みだったため、最終的な公式ランキングが発表されるのが丸一日遅れ火曜日の午後となったのだが、発表のギリギリまで第2位と第3位がデッドヒートを繰り広げていた。

 その熱戦の末第2位に収まったのは、ジェイク・ギレンホールがヒーローを演じる映画『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』で3,781万ドル(約34億290万円)。3,646館・推定5,600スクリーンで公開され、同じくディズニー作品の『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズにはかなわなかったものの、ヴィゴ・モーテンセンの映画『オーシャン・オブ・ファイヤー』よりは、はるかにパワーのあるデビューぶりを見せている。ディズニーの観客調査では、全体の58パーセントが25歳以上で男性客であったという結果が出ている。

 一方、初登場なのに残念ながら第3位だったのは、映画『セックス・アンド・ザ・シティ2』で3,684万ドル(約33億1,560万円)。ひと足お先の木曜日スタートだったので、その日を入れた成績だと『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』の成績を上回るのだが、興行収入争いは金曜日から勘定を始めるのが常なので残念ながら第3位に甘んじることとなった。配給のワーナー・ブラザーズによると『セックス・アンド・ザ・シティ2』を週末に観に来ていた観客の何と83パーセントが女性だったとのこと。

 そして今週の第4位は、新作に阻まれて第2位からダウンしてしまった映画『アイアンマン2』で2,108万ドル(約18億9,720万円)。だが降下率は20パーセントと比較的少なく、上映館も373館減少したにしてはなかなかの粘りを見せたといえる。

 第5位は、規則的な降下を続ける映画『ロビン・フッド』で1,342万ドル(約12億780万円)の成績。明るいタッチの映画が好みのアメリカ人には、暗めで渋いテイストのロビン・フッドがお気に召さなかったようである。製作予算2億ドル(約180億円)をかけたスタジオ側にとっては痛い状況となっている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 6月
  4. 3日
  5. 全米ナンバーワンは2週連続で『シュレック フォーエバー』に!『セックス・アンド・ザ・シティ2』も健闘 -5月30日版