シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

初監督で快挙達成! モントリオール世界映画祭、正式出品への喜びのコメントが到着

初監督で快挙達成! モントリオール世界映画祭、正式出品への喜びのコメントが到着
快挙達成おめでとうございます。

 現在、公開中の芥川龍之介原作の映画『トロッコ』が、8月26日より開催されるモントリオール世界映画祭への正式出品されることが決定、川口監督と主演を務める尾野真千子から喜びのコメントが届いた。

 映画『トロッコ』は芥川龍之介原作、川口浩史が初監督を務めた作品。日本統治時代をしなやかに生き抜いてきた祖父母たちの無償の愛と、台湾の雄大な自然に癒やされ、台湾と日本という近くて遠かった距離を乗り越え、きずなを取り戻してゆく家族を描いた心温まる感動作。そんな本作が、カナダで開催されるモントリオール世界映画祭の新人コンペティション部門に正式出品されることが決定した。

 川口監督は、正式出品が決まったことを受けて「奥田瑛二監督の映画『長い散歩』の偉業を傍で体験した者として身に余る栄誉です。世界の目を日本映画に向けていただいた先輩方に、そしてモントリオール映画祭に心から御礼申し上げます」と興奮を隠せない様子。そして主演を務めた尾野真千子も、「日本の心の映画を台湾の人達と理解し合いながら撮り、その映画が世界の人達に観ていただける。素晴らしい機会に恵まれて、本当に嬉しいです」と喜びのコメントを発表した。

 映画『トロッコ』の出品が決定したモントリオール世界映画祭は、1977年より開催されているカンヌ、ヴェネチア、ベルリンの世界3大映画祭に次ぐ北米最大級の映画祭。過去には映画『長い散歩』がグランプリ授賞、『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』が最優秀監督賞を受賞した。そして、映画『おくりびと』も本映画祭でのグランプリ受賞をきっかけに国内外で知名度が上がり、アカデミー賞受賞にまで至った経緯があるだけに、日本映画界の中でオスカーへの近道と言われるほど。初監督で正式出品が決定したことも快挙だが、グランプリへの期待が自然と高まっている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 6月
  4. 9日
  5. 初監督で快挙達成! モントリオール世界映画祭、正式出品への喜びのコメントが到着