シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

10代から20代の口コミ広がり『告白』がV4を達成!!予想外のヒットで30億円は確実とうれしい悲鳴!!【映画週末興行成績】

10代から20代の口コミ広がり『告白』がV4を達成!!予想外のヒットで30億円は確実とうれしい悲鳴!!
来週は『踊る』と勝負!?-映画『告白』より - (C) 2010「告白」製作委員会

 今年の夏は、ゴールデンウィークと並んで強力作がめじろ押しで、興行関係者の間でも特に期待が高まっている。そういう意味では、6月は夏につなげるためにそこそこのヒットがあれば御の字だったはずだった。しかし、映画『告白』は4週連続首位を記録するなど、予想外の大ヒットを記録し、うれしい悲鳴が上がっている。週末2日間の興収は2億8,937万9,900円、動員が21万888人。しかも3週連続で前週比100.3%(興収比)と、公開以来まったく動員の勢いが衰えていないというのは驚きとしか言いようがない。23日間の累計興収は21億6,472万2,900円、累計動員は165万9,055人となった。配給元の東宝では、30億円突破は時間の問題としている。特に10代から20代にかけての若い観客層による口コミが浸透しており、特に土日では若い観客の集客が目立つ。シネコンでも上映回数を増やすところがあったそうだ。今後、夏の強力作を迎え入れる中で、どのように本作の興行が推移していくか、注目である。

 今週は大幅な動きがなく、1位から8位までが先週と同順位をキープしている結果になった。2位は映画『仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超電王トリロジー/EPISODE YELLOW お宝 DE エンド・パイレーツ』、3位は映画『アイアンマン2』、4位は映画『セックス・アンド・ザ・シティ2』が土日2日間成績で動員前週比80%以上をあげる好調な推移をみせ、累計成績は動員100万人を突破した。そして5位の映画『ザ・ウォーカー』は、9日間の累計興収が2億6,155万1,700円、累計動員が21万7,412人という結果になった。

 そして6位は北野武監督作の映画『アウトレイジ』、7位は公開11週目を迎えた映画『アリス・イン・ワンダーランド』が同順位をキープ。DVD発売によって上映回数が減ったにもかかわらず、ディズニー配給作品の中で日本興収歴代2位の売り上げを誇るなど、順調な興行を見せている。そして8位は公開3週目を迎えた映画『FLOWERS フラワーズ』が同順位をキープ。公開16日間の累計興収は2億9,424万950円、動員は25万1,679人となっている。そして9位は映画『孤高のメス』がワンランクアップ。内容の良さが口コミで広がり、動員前週比80%以上という順調な興行を見せている。そして10位は映画『瞬 またたき』がワンランクダウンという結果になった。そして6月25日、マイケルさんの命日に合わせて公開された映画『マイケル・ジャクソン キング・オブ・ポップの素顔』は11位と、惜しくもベストテン圏外でのスタートとなった。

 今週末公開の注目作といえば、何といっても映画『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』に尽きるだろう。早くもシネコンのインターネット予約が埋まってきているという報告もあがっているため、大幅なスタートダッシュが期待できそうだ。その他の注目作として、上映中止騒動で話題を集めた映画『ザ・コーヴ』のほか、映画『ロストクライム -閃光-』『アデル/ファラオと復活の秘薬』『ガールフレンド・エクスペリエンス』『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』『レポゼッション・メン』が公開予定となっている。(ランキングなどは興行通信社調べ)(取材・文:壬生智裕)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 6月
  4. 29日
  5. 10代から20代の口コミ広がり『告白』がV4を達成!!予想外のヒットで30億円は確実とうれしい悲鳴!!