シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

もしかして東宝の社員?ポケモン最新作、宣伝戦士コレエダーマン!今度の舞台はベルギー&オランダ!?(1/2)

もしかして東宝の社員?ポケモン最新作、宣伝戦士コレエダーマン!今度の舞台はベルギー&オランダ!?
これぞ宣伝戦士コレエダーマン!!

 見よこのルックス! 頭の上の「コレーダー」で、ポケモン映画の情報をキャッチ! ベルトのバックルに名刺を携えた、その名も「宣伝戦士コレエダーマン」が、10日に公開された映画『劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール 幻影の覇者 ゾロアーク』の公開を記念して、映画『ポケットモンスター』シリーズの秘密、最新作の楽しみ方を教えてくれた。

 今回、コレエダーマンが教えてくれた情報の中で一番興味深かったのは、「ポケモン映画では、サトシたちが訪れる街をどういうイメージにするかを決めるために、ロケハンという、いわゆる下見みたいなことを行っている」ということ。ゲームソフトからスタートし、テレビアニメ、映画へと進出を果たしてきた「ポケモン」が、実在の街をモチーフに映画作りをしてきたとは興味深い。今作に登場する「クラウンシティ」についても、「今回は、古い街並みと森が一体化した街をイメージしていたので、ベルギーとオランダにロケハンに行ったんだよ。世界遺産にもなっている、ベルギーの古都『ブリュージュ』などの街を参考に、クラウンシティのコンセプトは作られたんだよ! コレエダーマンは連れてってもらえなかったけどね!」と切なさまじりに教えてくれた。

 またコレエダーマンは、「ポケモンはお話ができない」という話も明かした。しかし、今作に登場するまったく新しいポケモン、ゾロアとゾロアークのうち、少なくともゾロアは、テレパシーを使って話をすることができるそうだ。ゾロアークについては、「ゾロアークはどうだろう? それは映画館に観に行って確かめてね!」とはぐらかされてしまった。そんなゾロアとゾロアークは、ほかのポケモンにはない不思議な能力を持っていることが特徴。それがタイトルにもなっている「幻影」で、いわゆるまぼろしを見せることができるそうだ。その能力が、今作の大事件の原因となり、みんなを助けるきっかけともなっていく。

 そのほかコレエダーマンは、今作に登場する陣内孝則が声優を務めるコーダイについて、メディアを操る男という設定だが、「コレエダーマンほど金持ちではない気がするよ」。加藤夏希が声優を務めたリオカがどうやって秘書になったのかについて、「そりゃあ、面接だよね。ちなみに、コレエダーマンになるにも、面接があるんだよ」。サトシとピカチュウがクラウンシティを訪れるきっかけとなるスポーツ「ポケモンバッカー」について、「これは想像だけど、サッカー好きとバスケット好きが集まって考えたスポーツだと思うよ!」と本当なのか、うそなのかわからない裏話を、適当に明かしてくれた。また今回、20年ぶりにクラウンシティを訪れるというポケモンのセレビィは、『劇場版ポケットモンスター/セレビィ 時を超えた遭遇(であい)』のセレビィとはどうも違うセレビィらしいということもほのめかした。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 7月
  4. 15日
  5. もしかして東宝の社員?ポケモン最新作、宣伝戦士コレエダーマン!今度の舞台はベルギー&オランダ!?