シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

リース・ウィザースプーン、ジャズシンガーのペギー・リーを演じる

リース・ウィザースプーン、ジャズシンガーのペギー・リーを演じる
ペギー・リーを演じることになったリース・ウィザースプーン - Michael Buckner / Getty Images

 アメリカのジャズ・シンガー、ペギー・リーの姿を描く映画で、リース・ウィザースプーンがペギー役を担うことになった。

 この作品は、ノーラ・エフロンが監督・脚本をつとめる伝記映画で、タイトルはまだ未定。ペギー・リーは、1940年代からシンガーとして、また作曲家、シンガー・ソングライターとして活躍し、グラミー賞では12回のノミネートを受けたほか、1995年にはグラミー賞生涯功労賞も受賞。年老いて後も活動を続け、2002年に81歳で死去した。

 リースは2005年の映画『ウォーク・ザ・ライン 君につづく道』でカントリーシンガーのジョニー・キャッシュの妻、ジューン・カーターを演じアカデミー賞主演女優賞を受賞しており、歌声も披露した経験があるだけに、今回のシンガー役にも期待がかかっている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 8月
  4. 12日
  5. リース・ウィザースプーン、ジャズシンガーのペギー・リーを演じる