シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

両手に6本の指で生まれたジェマ・アータートン、真の自分はパンク・ロッカー

両手に6本の指で生まれたジェマ・アータートン、真の自分はパンク・ロッカー
パンク精神を持ってるようです! -ジェマ・アータートン - Fred Duval / FilmMagic / Getty Images

 映画『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』のジェマ・アータートンが、自分の真の姿はパンク・ロッカーで、その一面が顔を出したがっていると語った。

 「12歳のころにターニケットというバンドに所属していて、その前はバイオレント・ピンクというバンドに入っていたの。悩み多きガールズ・パンクバンドだったわ。それがわたしの真の姿だと思う。根はパンクのロックスターで、そんなわたしが姿を見せたくてウズウズしている感じ」と語る。

 ジェマは生まれたときは両方の手にそれぞれ6本の指があり、生まれながらにしてギターに向いていたとも言う。現在は手術で6本目の指を除去しているが、なんとなく自慢らしい。「周囲はものすごく興味をそそられるみたいね。でも、わかるわ。あれはわたしだけの風変わりな部分だから誇りに思えるもの。それに英知の証でもあると言われているのよ」と誇らしげだ。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 9月
  4. 8日
  5. 両手に6本の指で生まれたジェマ・アータートン、真の自分はパンク・ロッカー