シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

全米連休ウイークエンドはジョージ・クルーニーの新作『ジ・アメリカン』が勝利! -9月7日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

全米連休ウイークエンドはジョージ・クルーニーの新作『ジ・アメリカン』が勝利! -9月7日版
こちらは今週第5位の映画『遠距離恋愛 彼女の決断』より - (C) MMX NEW LINE PRODUCTIONS, INC.

 夏を惜しみ秋の到来をバーベキューで祝うアメリカの祭日レイバー・デイ(日本の勤労感謝の日にあたる祝日)で3連休となった週末のボックスオフィスは、去年の同時期より7パーセントの売り上げアップで、ジョージ・クルーニー主演サスペンス映画『ジ・アメリカン / The American』(原題)が1,318万ドル(約11億8,620万円)をたたき出し、映画『テイカーズ / Takers』(原題)の2週連続首位を阻止してナンバーワンに輝いた。(1ドル90円計算)

 2,823館で封切られた『ジ・アメリカン / The American』(原題)は、連休前の水曜日にひと足お先に公開されており、その日から数えると興行成績トータルはすでに1,981万ドル(約17億8,290万円)の売り上げ。レイバー・デイの連休に公開された歴代の作品の中でも特筆に値する成績となっている。イタリアを舞台にジョージ演じる殺し屋が、引退前の最後の殺しを引き受けたことから逆に逃走する窮地に追い込まれるという渋めのストーリーが手伝い、週末この映画を観に来ていた観客は配給フォーカス・フィーチャーズの調査によると、66パーセントが35歳以上の男女だったということだ。大人の映画という、秋の到来にふさわしいジャンルの作品がトップに輝いた。

 第2位は今週初登場で1,142万ドル(約10億2,780万円)をたたきだした映画『マシェティ / Machete』(原題)。実際に刑務所暮らし経験ありのいかついキャラクター俳優、ダニー・トレホ主演の血みどろ復讐(ふくしゅう)ストーリーで、共演にロバート・デ・ニーロ、ジェシカ・アルバ、スティーヴン・セガール、リンジー・ローハンと名の知れたスターが脇を固めている。封切りの金曜日には、ジョージの『ジ・アメリカン / The American』(原題)や他作品を破って売り上げトップだったのだが、最終結果では残念ながら第2位。だが、ダニーの主演作品としては大健闘といえる。配給の20世紀フォックスの調べによると、『マシェティ / Machete』(原題)を観に来ていた60パーセントはラテンアメリカ系で、55パーセントが25歳以上の観客だったという統計が出ている。

 今週3位は、『ジ・アメリカン / The American』(原題)にアッケなく首位を明け渡してしまった感のある映画『テイカーズ / Takers』(原題)。イケメン銀行強盗が主役のサスペンス・アクションは先週から47パーセントの降下。今週末は1,088万ドル(約9億7,920万円)の成績で、封切り後10日目までの総合興行収入は3,733万ドル(約33億5,970万円)となっている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 北米映画興行収入=バイオハザード最新作、初登場首位に…他 from 芸能最新情報☆あれ!?‥そうなの? (2010年9月13日 17時20分)
    インフォシーク 北米映画興行収入=バイオハザード最新作、初登場首位に ロイター [ロサンゼルス 12日 ロイター] 映画スタジオの推計に基づく9月10─12日の北米映画興行収入ランキングは、ミラ・ジョヴォビッチ主演の人気シリーズ最新作「バイオハザードIV ア… ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 9月
  4. 8日
  5. 全米連休ウイークエンドはジョージ・クルーニーの新作『ジ・アメリカン』が勝利! -9月7日版