シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

NEWSの最年長メンバー小山慶一郎、自分の点数を聞いてみたいのはやはりあの人!「ユーは何点」って言われるのかな

NEWSの最年長メンバー小山慶一郎、自分の点数を聞いてみたいのはやはりあの人!「ユーは何点」って言われるのかな
下段が波瑠、上段左から安藤、堀部

 21日、舞台「0号室の客~帰ってきた男~」の制作発表がウェスティンホテル東京で行われ、小山慶一郎、波瑠、安藤聖、堀部圭亮らが登壇。物語の設定である「点数」にちなんだトークを繰り広げるなど、作品の世界観を表すかのような楽しい会見を行った。

 同作品は2009年から2010年にかけてにテレビ放映され、ストーリーごとに主役も監督も変えて六つの物語を展開した人間ドラマ。本作はその中で小山が主演を務めた「戦わない男」の続編にあたる作品だ。

 舞台でも主演が決まったときの気持ちについて、小山は「ドラマを撮りながら『舞台にしたらきっと面白い、誰が主演をやるんですかね』と話していたが、まさか自分にくるとは思っていなかったので驚きでした」とうれしいサプライズであったことを笑顔で語った。ところで作品の舞台となるホテルの0号室には、その人の点数が割り出される装置があるという設定だ。小山が演じる重人(しげと)は、ドラマ版で全登場人物中最低となる19点をたたき出したダメ人間という設定。小山はそのことについて「逆に言うと重人は伸び代がある人間。舞台で何点まで上げられるのか、また自分自身も何点にまで成長できるかも見どころです」と、キャラクターだけではなく役者としての自分自身の成長物語であることも挙げた。

 ところがキャストやスタッフも含めて最年長の堀部は、「今まで自分が見てきた先輩や最年長者は、(後輩を)ご飯を食べに連れて行ってごちそうしてあげていた。けれど自分は全然そういうタイプじゃないし、領収書を落とすこともないので、それが今から不安です(笑)」と、作品とは別の心配があることを明かしたが、すかさず小山に「ごちそうさまです!」と言われて大弱りの様子だった。

 また物語の設定にちなんで「自分は何点だと思う?」という質問が飛ぶと、小山は「僕は26歳なので26点。0号室は人間の優しさや本質が点数に出るので、1年たつごとに1点ずつ増えていけばいい」と謙虚(けんきょ)な回答をしたものの、「怖いけれどジャニーさんにも聞きたいですね、『ユーは何点』って言われるのかな」とも本音をのぞかせた。最後は「お客さんを笑顔にするのを決めごとにして、有言実行内閣ではないが、有言実行劇団として楽しませたい。0号室の世界観を楽しんでもらえるようがんばりたいです」とニュースキャスターらしいコメントを交えつつ、作品の公開に向けて抱負を語った。

舞台「0号室の客~帰ってきた男~」は11月13日~12月6日まで東京グローブ座、12月17日~12月20までサンケイホールブリーゼ(大阪)で上演


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 9月
  4. 21日
  5. NEWSの最年長メンバー小山慶一郎、自分の点数を聞いてみたいのはやはりあの人!「ユーは何点」って言われるのかな