シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

フェイスブック誕生の秘話を描いた『ソーシャル・ネットワーク』が全米ナンバーワンに! -10月4日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

フェイスブック誕生の秘話を描いた『ソーシャル・ネットワーク』が全米ナンバーワンに! -10月4日版
日本では来年公開です! (映画『ソーシャル・ネットワーク』より)

 世界中で大人気の交流サイトFacebook誕生の裏側を描いたデヴィッド・フィンチャー監督久々の話題作映画『ソーシャル・ネットワーク』が全米第1位に決定した。

 コンピューターの天才マーク・ザッカーバーグが大学在籍中に立ち上げたFacebookが野火のような勢いで広がり大成功を収め、マークはフォーブス誌が発表した「世界で最も若い10人の億万長者」第1位になるものの、サイトの著作権をめぐる友人同士の醜い争いなど、舞台裏ではいろいろあったFacebookの現在に至るまでの経緯を描いた作品だ。

 『ソーシャル・ネットワーク』は2,771館で公開され、今週第2位の映画『ガフールの伝説』の2倍以上にあたる興行収入2,245万ドル(約19億825万円)をたたき出しており、気の早い批評家たちの間ではすでにアカデミー賞候補に値するとのうわさも流れている。ローリング・ストーン誌の著名映画評論家は『ソーシャル・ネットワーク』に対して、「今年観たベスト作品のそのまた上をいく傑作!」とベタボメしている。この作品がこの後、口コミでどれだけ成績を伸ばすかに注目。配給会社ソニー・ピクチャーズの観客調査によると、映画を観に来ていた観客の53パーセントが女性、そして全体の55パーセントが25歳以上であったことが明らかになった。(1ドル85円計算)

 第2位は1,089万ドル(約9億2,565万円)の成績で先週からの順位を守った『ガフールの伝説』。先週より32.4パーセント売り上げ減と、チャート上位10作品の中では二番目に少ない降下度を記録して健闘している。ちなみに封切り後10日間の総合売り上げは3,010万ドル(約25億5,850万円)。

 第3位は、映画『ウォール・ストリート』で1,000万ドル(約8億5,000万円)の成績。第2位の『ガフールの伝説』とは逆に今週のトップ10中で一番落下度が大きく47.4パーセントだった。前作に比べるとデビューは『ウォール・ストリート』の方がはるかに華々しかったが、上映館数の多さに対する観客数の割合を考えると、映画『ウォール街』のパフォーマンスの方が優秀だったことがわかる。

 代わって第4位は、先週の第3位からワンランクダウンで975万ドル(8億2,875万円)の映画『ザ・タウン / The Town』(原題)。封切りされてからの合計興行収入は週末の時点で6,406万ドル(約54億4,510万円)。推定製作費が3,700万ドル(約31億4,500万円)だったことを考えると上々の結果だ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 10月
  4. 5日
  5. フェイスブック誕生の秘話を描いた『ソーシャル・ネットワーク』が全米ナンバーワンに! -10月4日版