シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

宮崎あおい、韓国で大人気!『オカンの嫁入り』前売り券がわずか9秒で完売!

宮崎あおい、韓国で大人気!『オカンの嫁入り』前売り券がわずか9秒で完売!
宮崎あおいと大竹しのぶ-第15回釜山国際映画祭(PIFF) - Photo: Megumi Shibata

 開催中の第15回釜山国際映画祭(PIFF)で12日、『オカンの嫁入り』が海外初上映され、母子役を演じた宮崎あおい(崎の字は山偏に立可が正式な文字)と大竹しのぶ、呉美保(オ・ミポ)監督がティーチインに参加した。

 日韓合作『初雪の恋 ヴァージン・スノー』ではイ・ジュンギと共演を果たし、韓国でも人気の高い宮崎が来場するとあって、前売り観賞券がわずか9秒で完売した今作。最前列には宮崎ファンとおぼしき若い男性客が陣取り、3人の登場とともに、野太い歓声が沸き上がっていた。チケットの入手に苦労したという男性にマイクがわたると、宮崎への愛を延々と語り始め、司会者から早く質問に移るよううながされる一幕もあった。

 宮崎演じるヒロインの月子が、オカンの再婚相手と一緒にお弁当を作るシーンになぞらえた「3人ならどんなお弁当にしますか」との質問には、呉監督は「オモニ(母親)の味で、韓国料理づくしのお弁当」、宮崎は「お母さんがよく作ってくれた、おにぎりやから揚げ、卵焼きなどのシンプルなお弁当」とそれぞれコメント。一方、母親業のベテランでもある大竹は、宮崎と同タイプのお弁当を「ずっと作ってきたので作ってほしい」と、日本の我が子に向けて(?)リクエストしていた。

 母子の愛や葛藤(かっとう)、ささやかな日常の幸せを表現するにあたっては、「スタッフや共演者のみなさんと同じ想いを共有すること」を大切にしたと振り返る宮崎。「再婚の予定は?」というPIFFならではの自由な質問を浴びた大竹、「観客との距離が近いから楽しい」と語る呉監督ともども、約40分間のティーチインを満喫した様子だった。

 ちなみに、今回は留守番となった桐谷健太へのお土産について尋ねると、「忘れてた」「考えなくちゃ」と顔を見合わせた3人。釜山へ出発前、彼に「行ってきます」メールを送った大竹には、「メッチャおいしいものを食べてきてください」との返信があったそうだ。(取材・文:柴田メグミ/Megumi Shibata)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 10月
  4. 13日
  5. 宮崎あおい、韓国で大人気!『オカンの嫁入り』前売り券がわずか9秒で完売!