シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

アンジェリーナ・ジョリー、激怒!「映画制作を邪魔しようとしている人がいる」

アンジェリーナ・ジョリー、激怒!「映画制作を邪魔しようとしている人がいる」
アンジーを怒らせたら、怖そうっ!

 撮影予定地のボスニア・ヘルツェゴビナ政府から撮影許可を取り消されるなど、アンジェリーナ・ジョリーが初監督する作品の脚本内容が問題視されているが、アンジェリーナは「誤解されている!」と憤りを感じているようだ。

 アンジェリーナは自身が執筆したという脚本に関して「主要人物の関係性は繊細なだけよ、公開されればわかるはず」と話していたそうで、映画の関係者はアンジェリーナが脚本について誤解させるような報道に怒りを感じていると、Usマガジン.comに明かした。

 ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争を舞台にした脚本の内容が「レイプ犯とその犠牲者のラブストーリー」と伝えられていることに関し、「そんなこと書かれていないわ、映画制作を邪魔しようとしている人がいるはず」とアンジェリーナは怒りをあらわにしているそうだ。

 しかしながら政府が納得のいかない内容ではあるので、撮影のために数日のうちに脚本を訂正し、解決するだろうと関係者は予測している。アンジェリーナが言うように映画制作の邪魔をしようとしてデマが流されていたのなら、ハリウッドって華やかに見えて実は恐ろしい?


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「世界で既に忘れ去られたボスニアの悲劇」 from NEW WAY.NEW LIFE (2010年10月15日 19時57分)
    アメリカの女優アンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)が初監督を務める映画のボスニアでの撮影許可が取り消されたことに対し、アンジェリーナ・ジョリー側は10月14日、取り消し撤回を求めるためにボスニア・ヘルツェゴビナ当局に脚本を提出したことを明かしたそう.... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 10月
  4. 15日
  5. アンジェリーナ・ジョリー、激怒!「映画制作を邪魔しようとしている人がいる」